新色「グリーン」も。「Huawei Mate20 Pro」の公式プレス画像がリークした。

先日の情報からも、今年最高の処理性能を実現する可能性が高いと予測されていた「Kirin980」ですが、先日公開されたベンチマーク結果からもAppleの「A12 Bionic」に及ばなかったことが判明していますが、今年の12月に正式発表が予測されている「snapdragon855」よりベンチマークスコアが高いことが判明しており、少なくとも「Android」の中では最高の処理性能を実現していることが判明しています。詳細は「最大のライバル「Galaxy Note9」以上の処理性能を実現に。「Huawei Mate20 Pro」のベンチマークがリーク。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei Mate20」のベンチマークスコアも判明しており、RAM「4GB」でありながらも、やはり「Kirin980」を搭載していることが非常に大きく、「snapdragon845」のベンチマークスコアを上回っていることが判明しています。詳細は「RAM「4GB」でも「snapdragon845」以上の処理性能を。「Huawei Mate20」のベンチマークがリーク。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20 Pro」の公式プレス画像がリークしたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



公式プレス画像がリーク。

 

さて今回公開された「Huawei Mate20」シリーズの公式プレス画像が上記の画像になります。まず左から「Huawei Mate20」となっており、スクエア型「トリプルレンズカメラ」を搭載しており、さらにカメラレンズ下に「指紋認証」を搭載していることを確認することができます。

また本体カラーは「ブルー」となっており、「Huawei Mate20 Pro」と異なるのは、背面がテクスチャー柄となっていることです。そして合わせてフロント部分も公開されており、「水滴」のようなノッチを採用していることが確認することができます。

また左から3番目に「Huawei Mate20 Pro」のレンダリング画像を確認することができます。先日の情報からも「ブラック/ブルー/トワイライト」そして「グリーン」の4色展開になると予測されていますが、「グリーン」のレンダリング画像が初めて公開されたことになります。

以前より、新色の「グラデーションカラー」として「エメラルドグリーン」が追加される可能性が高いと予測されていましたが、今回の公式プレス画像において、「グリーン」がグラデーションカラーになっているか判然としません。

先日には「Huawei Mate20」シリーズの違いがリークしており、本体デザインはもちろん異なりますが、それ以上には「huawei Mate20」は「イヤホンジャック」を搭載している代わりには「Huawei Mate20 Pro」のように「IP68」には対応していないとしています。詳細は「「Huawei Mate20」との大きな違い。「Huawei Mate20 Pro」は「光学5倍ズーム」に「IP68」に対応。」をご参照下さい。

また先日には「Huawei Mate20 Pro」のフルスペックがリークしています。正式発表まであと僅かです。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧