• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • ついに次期「iPadPro」の全貌が明らかに。Appleは「10月30日」にイベントを開催かも。

ついに次期「iPadPro」の全貌が明らかに。Appleは「10月30日」にイベントを開催かも。

「iOS12」のβ版の時点から、次期「iPadPro」は「Face ID」を搭載し、ベゼルレスデザインを採用する可能性が高いと予測されおり、直近でリークしたレンダリング画像においても「ベゼルレスデザイン」を採用していることが確認されています。

「iPhone XS」シリーズと同様に「True Depthカメラ」を搭載すると予測されていますが、「iPhone」のように「ノッチ」スタイルを採用するのではなく、次期「iPadPro」は十分に搭載するためのベゼルを確保できるとされていることからも、デザイン上すっきりとした均一のベゼルを採用する可能性が高いと予測されています。

一方で先日の情報からも、市場最高クラスの処理性能を実現している「iPhone XS」シリーズが搭載している「A12 Bionic」よりさらに高性能化した「A12X」チップを採用する可能性が高いと予測されており、史上最高の処理性能を実現する可能性が高いと予測されています。詳細は「今年最高の処理性能は「iPad Pro」へ。「A12X」を搭載に。そして新たなレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

さて今回その情報に定評のあるJohn Gruber氏が自身のTwitterを通して、Appleは次期「iPadPro」を今月の下旬に正式発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



今月末に開催かも。

 

さて今回の情報によると、同氏は以下のようにtweetしています。

同氏のtweetによると、まず、「iPhone XR」の「予約期間」、そして「発売日」に、次期「iPadPro」のための新製品発表会を行う可能性はないとしています。一方でその新製品発表会は従来の流れを考慮すると、「10月30日」もしくは「10月31日」に開催するか、11月にずれこむ可能性があるとしています。

仮に今月末にAppleがイベントを開催するのであれば、そのイベントの招待状は遅くても開催日の11日前までには配布する流れとなっていることからも、今月の18日から20日頃までには配布される可能性が高いと考えることができます。

ただ11月にずれ込んでしまうと、次期「iPadPro」の発売は下手すれば11月下旬になると考えることができます。いくらtablet市場の売上が縮小しているとはいえ、業界をけん引している「iPad」の久しぶりのフルモデルチェンジとなることからもかなり注目度が高いと考えることができます。つまりその本体価格にも左右される可能性はありますが、人気が集中し、極度の品薄状態になる可能性も考えられます。

つまり年末商戦へ大きく影響を及ぼす可能性が高いと考えることができます。だからこそ11月にずれ込むことは避けてくるとは思いますが、どちらにせよイベントの招待状を20日周辺に配布すれば、少なくとも「iPhone XR」に影響が出るとも考えることができます。

Appleにとって「iPhone」は主要製品に間違いないですが、正直「iPhone XR」は不透明なことが多いです。次期「iPadPro」とどのようにバランスをとるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧