• HOME
  • ブログ
  • Huawei Mate20
  • 「Huawei Mate20」との大きな違い。「Huawei Mate20 Pro」は「光学5倍ズーム」に「IP68」に対応。

「Huawei Mate20」との大きな違い。「Huawei Mate20 Pro」は「光学5倍ズーム」に「IP68」に対応。

先日の情報からも「Huawei Mate20」の公式プレス画像がリークしており、「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載する一方で、「水滴」のようなノッチスタイルを採用しており、さらに「物理式」の「指紋認証」を搭載していることが判明しています。詳細は「ついに公式プレス画像がリーク。「Huawei Mate20」は「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載に。」をご参照下さい。

また先日には「Huawei Mate20」と「iPhone XS Max」を比較したレンダリング画像が公開されており、やはり「iPhone XS Max」と比較して、同じ「6.5インチ」のディスプレイを搭載しているとはいえ、「ノッチスタイル」のデザインが大きく異なることからも「Huawei Mate20」のほうがすっきりとしたデザインを採用していることが判明しています。詳細は「「iPhone XS Max」よりすっきりとしたデザインを。「Huawei Mate20」と「iPhone XS Max」を比較した画像が公開に。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして定評のあるRoland Quandt氏が、自身のTwitterで「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」の違いについてTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



同シリーズの違い。

さて今回同氏が公開した「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」を比較したレンダリング画像が上記の画像になります。背面に「指紋認証」が搭載されている。上記の画像でいえば、左側が「Huawei Mate20」、右側が「Huawei Mate20 Pro」であると考えることができます。まずこのことからも「指紋認証」の搭載位置が一つ目の大きな違いになります。

また本体サイズが「Huawei Mate20 Pro」のほうが大きいことを確認することができ、先日の情報からも「Huawei Mate20」は「6.5インチ」のディスプレイを搭載しているとされていることからも「Huawei Mate20 Pro」は「6.9インチ」であると考えることができます。またディスプレイに関しても「Huawei Mate20」は「液晶」に「FHD」とされていますが、「Huawei Mate20 Pro」は「有機ELディスプレイ」に「2K」とされています。

また同氏のツイートからも、カメラのスペックに大きな違いはないとしながらも「背面」の「カメラ」のフラッシュの位置が異なること。そして「Huawei Mate20 Pro」が光学式の「5倍ズーム」に対応しているとしています。

また「Huawei Mate20」のみが「イヤホンジャック」を搭載していることからも、「IP67」に対応している可能性が高く、一方で「Huawei Mate20 Pro」は「IP68」に対応している可能性が高いとしています。

他にも「Huawei Mate20 Pro」のみが「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するなど、まだ違いが多々ありますが、何より最大の特徴とも言える「カメラ」において、そこまでスペックの差がないのは嬉しいですよね。

先日の情報からも、ハイスペックとなる「Huawei Mate20 Pro」のほうが「Huawei Mate20」より2万円程度高くなることが判明しています。詳細は「「iPhone XS」すら圧倒するハイスペックを搭載して。「Huawei Mate20 Pro」は「iPhone XS」より安いかも。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧