/>

Android

真のファブレットへ。Xiaomi「Mi Max3」は7インチのディスプレイを搭載に?

日本進出が確実視されている中、なかなか展開を開始していないXiaomiですが、「Mi Max」シリーズや「Mi MIX」シリーズなどコストパフォーマンスに非常に優れており、本家本元である中国では非常に人気があります。今回次期「Mi Max3」のスペックについての情報が入ったのでまとめたいと思います。



「Mi MAX3」のスペックがリークか?

 

現行モデルの「Mi MAX2」でさえ、「6.46」インチの大型ディスプレイを搭載しつつ、RAMが「4GB」でストレージが最大で「128GB」と非常にハイスペックな仕様となっています。さらに電池容量が「5300mAh」と、現在発売されているスマートフォンの中でも最大級のバッテリーを搭載しています。

さて今回GizmoChinaによると、次期「Mi MAX3」は、「7.0インチ」の大型ディスプレイを搭載する可能性があると報告しています。今回の情報によると、表示解像度は「2160×1080」の「FHD」になるとされており、アスペクト比に関しては「18:9」になると報告しています。

つまりタブレットクラスのディスプレイサイズを搭載しながらも、「ベゼルレスデザイン」を採用することによって、スマートフォンの大きさを維持していることなります。搭載CPUに関しては、「Mi MIX」シリーズと異なりちょっと物足りなさを感じるのですが、「snapdragon660」を搭載するとしています。

一方で「RAM」と「ストレージ」に関しては不明としながらも、電池容量は「5500mAh」になるとされており、さらに高解像度の「デュアルレンズカメラ」を搭載するとしています。今回の情報からもやはり驚きなのが、その「7インチ」というディスプレイサイズですよね。

「ベゼルレスデザイン」がトレンドになりつつある今、「6インチ」以上のディスプレイを搭載しているスマートフォンはそこまで珍しい存在でもなくなってきました。このことからも以前「ファブレット」と呼ばれた機種は、今後「7インチ」以上のディスプレイを搭載した機種が該当するようになってくるとも考えることができます。

日本での展開が待ち遠しいとされている「Xiaomi」ですが、新機種含めて今後の動向が非常に気になります。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. Appleも追従するか!?snapdragon835にみるXpe…
  2. SIMフリーと中古市場
  3. KDDIが次世代通信規格「5G」の実証実験を開始!
  4. GALAXY S8 例年より発売時期が遅れそう。(追記あり)
  5. 「Essential Phone」の発売は延期に!?
  6. GALAXY Noteは廃止か!?SAMSUNGの決断は!?
  7. 悲報!Galaxy S7シリーズ「Android7.0」にアップ…
  8. GALAXYはiPhoneをぱくったのか!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP