廉価モデル「iPhone Xc」のコンセプトデザインが公開に。

先日の情報では、2018年に登場する次期iPhoneには「液晶」を搭載した「6.1」インチの廉価モデルが発表されると予測されています。廉価モデルといえば「iPhone5c」を彷彿させられますが、今回この廉価モデルのコンセプトデザインが公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。



コンセプトデザインが公開に。

 

先日の情報では、「iPhone8」と「iPhone X」で採用された「ガラス」とは違い、一方で2018年に登場する廉価モデルは「iPhone7」と同じく「アルミ」の筺体を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「iPhone」の廉価モデルは再びアルミを採用の可能性が。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、iDrop Newsが廉価モデルのコンセプトデザインを公開したことを報告しています。今回公開されたコンセプトデザインでは、廉価モデルの名称は「iPhone Xc」とされています。今回のコンセプトデザインでは、まず「iPhone X」と共通のデザインを採用していることが確認することができます。

このことからも「iPhone X」と同様に「Face ID」を搭載していると考えることができます。ただ原価コスト削減のために、事前情報と異なり「ポリカーボネートケース」を採用するとしています。また「有機ELディスプレイ」ではなく、「液晶」を採用することで、可能な限り原価コストの上昇を抑制しようとしています。

廉価モデルとして「iPhone5c」が登場した時は、確かに「iPhone」の中では比較的安いモデルでしたが、いまやエントリーモデルとしてい「iPhone SE」が存在しています。つまり中途半端な価格設定に加えて、中途半端な質感にすると全く需要がない可能性も考えられます。

今回のコンセプトデザインが、リーク情報を元に作成されたのか、それとも単純に想像の産物なのか判然としませんが、今回モデルが登場してもちょっと面白いかもしれませんね。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧