「Galaxy S9」の指紋認証の場所が判明か。全く改善の余地がないかも。

先日公開されたレンダリング画像によると、次期「Galaxy S9」の「指紋認証」の搭載場所は、カメラレンズの下に移動していることが確認されていました。しかしながら今回、健康アプリのスクリーンショットから「Galaxy S9」の「指紋認証」の搭載場所が新たに確認されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy S9」のCADが公開に。指紋認証の場所がようやく変更に」をご参照下さい。



「カメラレンズの横」に搭載か。

 

一部情報によれば、「Galaxy S9」での搭載が見送られたとされている「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載される可能性もあると予測されています。詳細は「あれ?「Galaxy S9」はやはり「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載か?」をご参照下さい。

さて今回、Phone Arenaによると、リークした健康関連のアプリのスクリーンショットから「Galaxy S9」の「指紋認証」はカメラレンズの「横」に設置されている可能性があることを報告しています。今回の情報によれば、健康アプリの機能の一つとして「心拍」を測る機能が搭載されており、計測手段として「指紋認証」を使用するとしています。

今回リークしたスクリーンショットは、アプリ上の計測方法の画面をスクリーンショットを撮影したものであると考えられます。確かに背面中央に搭載されている「カメラレンズ」の横に指を当てていることを確認することができます。つまり再び、指紋認証の際にカメラレンズを触れてしまう可能性が考えられます。

内部構造の問題なのか、Samsungの強いこだわりなのか判然としませんが、どうしても「指紋認証」を「カメラレンズ横」に設置したいように見えてしまいます。発表まであとわずかとなっていますが、「指紋認証」の搭載場所に関しては情報が錯綜しています。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧