次期「iPhone」の廉価モデルは再びアルミを採用の可能性が。

先日の情報では、2018年に登場する次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載したハイエンドモデルと「液晶」を搭載したミドルレンジモデルになるとされています。今回、このミドルレンジモデルに関する情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。



再びアルミを採用か?

 

先日より、2018年に登場が予測されている「iPhone X Plus」のモックアップが公開されており、現行の「Plus」モデルである「iPhone8 Plus」との比較画像が非常に話題になっています。詳細は「「iPhone X Plus」と「iPhone8 Plus」を比較した画像が公開に。」をご参照下さい。さて今回9To5Macによると、廉価モデルと言われている「6.1インチ」モデルは「金属」の筺体を採用する可能性があることを報告しています。

今回の情報によると、「iPhone7」や「iPhone7 Plus」と同じ材質を採用するとしており、さらにカラーラインナップも増えるとしています。「iPhone8」や「iPhone8 Plus」では3色展開となっており、「iPhone X」に関しては「2色」展開となっており、カラーバリエーションに関してはちょっと寂しい感じになっています。尚更あれだけの人気を博した「ジェットブラック」が1世代で終了したのも意外でした、

筺体に再び「アルミ」を採用する理由としては「コスト削減」のためと予測されていますが、一方で「ワイヤレス充電」に対応するかは判然としないとしています。これまでの流れを考えれば、材質を「アルミ」に戻す時点で、「ワイヤレス充電」に対応しない可能性が高いと考えることができます。筐体の材質が「アルミ」になり、フロント部分は「iPhone X」と同じデザインを採用しているのであれば、個人的にはこの廉価モデルのデザインが一番物欲を刺激されると考えてしまいます。

正式発表まであと9ヵ月程度ありますが、この時期にでてくる情報は、Appleが変更しない限り、地味に信憑性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧