• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • やはり2018年に登場する次期「iPhone」にデザインの大きな変更はない模様。

やはり2018年に登場する次期「iPhone」にデザインの大きな変更はない模様。

先日の情報では、早くも噂をされている「iPhone X Plus」のモックアップと「iPhone8 Plus」の比較画像が公開されました。今回、2018年に登場が予測される次期「iPhone」のデザインについての情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone X Plus」と「iPhone8 Plus」を比較した画像が公開に。」をご参照下さい。



デザインに大きな変更はなし。

 

先日までの情報では、次期「iPhone」は「3モデル」になると予測されており、そのうち1つのモデルは「6.1インチ」のディスプレイを搭載した廉価モデルになると予測されています。詳細は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、野村證券の報告書によると2018年に登場する次期「iPhone」は「iPhone X」と同様に「ノッチ」の部分があることを報告しています。

今回の情報によると、2018年に登場するすべてのモデルが「ノッチ」を搭載しているとしています。このことからも「デザイン」はやはり「iPhone X」を踏襲する形になります。一方で「スペック」に関しても報告しており、「iPhone X Plus」は「6.5インチ」のディスプレイを搭載されることや、iPhoneシリーズで初の「デュアルSIM」仕様になることを言及しています。

また「Face ID」で搭載されている「True Depth カメラ」がメインカメラに搭載されるのは「2019年」以降になると、先日までリークしていた情報と同様の内容を今回報告しています。ただ今回の情報によると、現時点でのサプライヤーからの情報をもとにしているものであるとしており、変更される可能性は十分にあるとしています。また「iPhone X」の後継機種に関しては従来通りFoxconnが製造するとされていますが、廉価モデルに関しては「Pegatron」もしくは「Wriston」が新たにサプライヤーとして追加される可能性があるとしています。

個人的には全く気にならない「ノッチ」部分ですが、世界全体で見ると評判が悪いです。ただ一方で先日の情報では2020年までには「ノッチ」のデザインが変更になる可能性があると予測されています。「ノッチ」が本当に嫌なら、後3年程度待つか、「iPhone8」シリーズを選択したほうが無難かもしれません。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧