次期「Galaxy S9」に「512GB」モデルが使いされる可能性も。

先日の情報では、次期「Galaxy S9」の画面占有率は「90%」以上になる可能性があると予測されており、より、インフィニティディスプレイが強化される形になります。今回、次期「Galaxy S9」の容量構成で、新たに「512GB」モデルが追加される可能性がでてきたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy S9」シリーズの画面占有率はまさかの「90%」以上に?」をご参照ください。



「512GB」モデルが追加か?

 

「Galaxy Note8」で初めて「デュアルレンズカメラ」が搭載され、有名なカメラの評価サイトでは「iPhone8 Plus」と並ぶ高評価を獲得しており、一方で「Galaxy S9」はよりカメラの機能を強化されるとされており、インカメラも「デュアルレンズカメラ」が搭載されることが予測されています。詳細は「「Galaxy S9」はインカメラも「デュアルレンズ」仕様か。」をご参照ください。

さて今回GizmoChinaによると、Samsungは次期スマートフォン用の「512GB」の大容量フラッシュストレージの生産を開始したと報告しています。今回の情報によると、「256GB」のストレージより、密度を増大させており、さらにコントローラチップを搭載しているとしています。また読み取り速度と、書き込み速度も大幅に向上しているとされており、読み取り速度は、毎秒「860Mb」で、書き込み速度は、毎秒「255Mb」に達するとしています。

日本では発売されていませんが、「Galaxy S9」や「Galaxy Note8」には、「64GB」の他に、地域限定で「128GB」と「256GB」のモデルも存在しています。今回の情報によって、さらに上位モデルが追加されことになります。「512GB」の容量を搭載しているモバイルと言えば、思いつくのは「iPad Pro」くらいで、スマートフォンでは未だ存在していないと考えられます。

「Galaxy S9」で早くも搭載すれば、2018年に登場する次期「iPhone」でも「512GB」モデルを追加する可能性も出てきます。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧