/>

Xperia

2018年に登場する次期「Xperia」はカメラの改善が重要なテーマに?

先日の情報では、次期「Xperia」は「ベゼルレスデザイン」の採用が大きな特徴となり、「snapdragon835」の搭載など、スペック的にはあまり大きな進化がないと見られています。今回、次期「Xperia」はカメラの改善が重要なテーマになっているとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Xperia XZ premium」の後継機種はあまり期待できないかもって話。」をご参照下さい。



カメラの改善が重要なテーマに?

 

先日の情報では、従来のXperiaに搭載されていた「手ぶれ補正」は「ソフトウェア」によるものでしたが、次期「Xperia」はようやく「ハードウェア」上で「光学式手ぶれ補正」に対応する可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「Xperia」でようやく「手ぶれ補正」(OIS)を搭載に?」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて次期Xperiaはカメラの改善が重要なテーマになるとされているのでまとめたいと思います。

What we know: the new flag will have screen to body ratio of 78-80 % plus the aperture of camera will be lower. Most likely 1.8. It will be able to do 4K 60fps and superslowmotion at FHD. OIS is very likely. the pro version is already deep in R&D and release is very likely. Improvement to camera will be significant as the source called the cam seriously impressive. The thing I don’t know is that will all models share the same camera? Traditionally they do but will that change? I’m afraid I can’t answer anything in regards to design and the camera sensor as I’m clueless.

やはり「IMX400」の評判の悪さは、SONYにとって大きな痛手になった可能性があります。だからこそ、カメラセンサーのスペックの向上に加え、ノイズやピンボケの修正も取り組んでいると考えることができます。今回の投稿者は、ESATOのスレッドを立ち上げている人物でもあり、周りのユーザーからの信頼性も非常に高い人物です。今までの投稿内容からも信ぴょう性はある程度期待できます。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「Xperia」が「iPhone8」に処理性能で勝る可能性は…
  2. 次期「Xperia」の本体カラーの一部が判明か。
  3. スピーカーの音量はXperia史上最高レベルに。「Xperia …
  4. 次期「Xperia XZ1 premium」ではカメラの出っ張り…
  5. 「Xperia Z5」シリーズと「Xperia Z3+」に「An…
  6. 「Xperia XA」と「Xperia XA Ultra」の「A…
  7. MWC2018でSONYは4つの新型「Xperia」を発表か。
  8. 朗報!「Xperia X」がハイレゾ「LDAC」に対応!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP