2018年に登場する次期「iPhone」の名称は単純に「iPhone」に?

2017年に登場した新型「iPhone」は「iPhone8」・「iPhone8 Plus」そして「iPhone X」と従来の命名規則とは異なる結果になっています。次期「iPhone」の正式名称がどのようになるか気になるところですが、今回次期「iPhone」の正式名称は「iPhone」になるのではないかとの情報が入ったのでまとめたいと思います。「iPhone X」の最新情報は「「iPhone X」の在庫改善状況は前週の8倍に。当日在庫も見えてきた。」をご参照下さい。



単純に「iPhone」に?

 

2018年に登場する次期「iPhone」は「6.1インチ」の「液晶」を搭載したモデルと、「有機ELディスプレイ」を搭載した2モデルが発表されると予測されており合計3モデル展開になると予測されています。詳細は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。さて今回9To5Macによると、2018年に登場する次期「iPhone」の名称はナンバリングをやめるのではないかと報告しています。

あくまでも推測になってしまうと前置きした上で、次期「iPhone」の名称は単純に「iPhone」になるとしています。事前情報を考慮すると、単純に「iPhone」となるのは「6.1インチ」のディスプレイを搭載したモデルのことを指すと考えることができます。また一方で「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルを「iPhone Pro」と呼ぶのではないかとしています。

この命名規則は「iPad」シリーズにも採用されています。エントリーモデルが「iPad」で、ハイエンドモデルが「iPad Pro」となっています。現に「iPad Pro12.9インチ」モデルに関しては、2世代目となっていますが、特段名称の変更はされていません。ただエントリーモデルの「iPad」の2世代目が出た時に、単純に「iPad」になるのかそれとも違う名称になるのかは判然としません。

ユーザーからすると「ナンバリング」のほうが最新機種がわかりやすいと思えますが、名称の統一性という意味では、「iPad」や「Mac」のように、「2017年モデル」とかのほうが分かりやすいと考えることができます。だいぶ前より次期「iPhone」には「Pro」の名称がつくと予測されていましたが、はたして2018年には採用されるのか続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧