• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • やはり次期「Xperia」はジャパンディスプレイの「6.0」インチディスプレイを採用に?

やはり次期「Xperia」はジャパンディスプレイの「6.0」インチディスプレイを採用に?

次期「Xperia」はよりスリムなベゼルを採用することはほぼ間違いないと予測されていますが、ディスプレイサイズに関しては情報によって地味にバラツキがあります。今回、以前より噂されていましたが、次期「Xperia」はジャパンディスプレイのディスプレイを搭載する可能性が高いとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「Xperia XZ1 premium」のディスプレイサイズが判明か。」をご参照下さい。



アスペクト比「18:9」を採用か?

 

競合他社がアスペクト比「18:9」を採用していく中、SONYは次期「Xperia」でもベゼルはスリム化させるが、アスペクト比は「16:9」から変更する予定はないとの情報もあります。詳細は「次期「Xperia」のアスペクト比が「16:9」を存続させるメリットは何って話。」をご参照下さい。今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」はジャパンディスプレイのディスプレイを採用するとの投稿があったのでまとめたいと思います。

今回の情報によると、以前から噂されていたようにジャパンディスプレイのディスプレイを採用するとなっていることからも、「ディスプレイサイズ」は「6.0」インチになるとしています。また表示解像度は「FHD」になるとしています。ジャパンディスプレイのディスプレイを採用することに関しては「Xperia XZ1」が発表する前から噂されていたので、ようやく実現することになります。

またあくまでも「液晶」であって、「有機ELディスプレイ」ではありません。しかしながらその分原価コストの上昇は抑えることができるとされており、Appleも非常に強い関心を示しているとされています。また今回の情報では、次期「Xperia」はフロントパネルに「3Dカメラセンサー」と「ステレオスピーカー」を搭載するため、新デザインとはいえ、そこまで大きな変化はないとしています。

ただ「アスペクト比」は「18:9」になるとしています。数日前までの情報と正直大きく異なる内容となっています。今後の動向に要注目です。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧