「Xperia X performance」に「Android8.0」の配信が開始。

Xperia XZ premium」のキャリアモデルに関しては、早くても12月より「Android8.0」の配信が開始されるとしていますが、一方でSIMフリーモデルに関してはすでに配信を開始しており、やはり何といっても最大の特徴は「カメラの歪み」の修正パッチが統合されていることです。今回「Xperia X performance」に配信が開始したのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Xperia XZ premium」新色「Rosso」は「Android8.0」を標準搭載するって話。」をご参照下さい。



「Xperia X performance」に配信開始。

 

先日の情報では、「Xperia XZ premium」に続いて「Xperia XZs」と「Xperia XZ」に「Android8.0」のアップデートの配信が開始したとされています。詳細は「「Xperia XZs」と「Xperia XZ」に「Android8.0」の配信が開始。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、SONYは「Xperia X performance」に「Android8.0」のアップデートの配信を開始したと報告しています。

今回の情報によると、アップデートによるビルド番号は「41.3.A.0.401」となっており、先日配信が開始された「Xperia XZs」や「Xperia XZ」と同じ番号になっています。今回のアップデートにより、リマインダーの改善や、アプリのショートカット機能の改善などが行われています。「Xperia X performance」に関しては、「カメラの歪み」に関する不具合が報告されていないため、今回のアップデートには含まれていないと考えられます。

「Xperia Z5」シリーズが2年弱で「Android」のアップデートの配信がされなくなったことを考えれば、「Xperia X performance」は「Android8.0」シリーズが最後のアップデートになると考えられます。「Xperia X」シリーズの最初のハイエンドモデルとして発表されましたが、その後「Xperia XZ」シリーズがでてしまったため、かなり中途半端な立ち位置になってしまった、SONYの犠牲になった端末とも言えます。

国内モデルに関しては、情報がありませんが、年明けには配信をしてほしいところです。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧