「iPhone X」の在庫改善状況は前週の8倍に。当日在庫も見えてきた。

予約開始時点での在庫状況は絶望的かとおもわれた「iPhone X」ですが、異例のスピードで在庫状況が改善しています。生産状況が芳しくないとなれていたパーツの生産状況が改善したからなのか、それともAppleが品薄商法をやめたからなのか判然としませんが、現時点での在庫状況をまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone X」の在庫状況は安定に。Appleはやはり品薄商法をしてるかもって話。」をご参照下さい。



大幅な在庫の改善率。

 

「iPhone X」の販売好調とは裏腹に、同時に発表され先行発売している「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は2018年の次期「iPhone」の登場と同時に販売が中止される可能性があると予測されています。詳細は「「iPhone8」は存続。「iPhone8 Plus」は販売中止かもって話。」をご参照下さい。さて今回MacRumorsによると、「iPhone X」の在庫状況が劇的に改善していることを報告しています。

今回の情報によると、アメリカ国内のApple Storeにおいて、当日在庫が可能になった店舗が見られるようになったとしており、さらに、11月20日の週の在庫状況は「16%」に対して前週は「2%」だったことから、週単位で在庫状況が大幅に改善しているとしています。ただ店舗ごとに容量・カラーによっては在庫はバラツキがあるとしています。

ちなみに、執筆時点のApple Storeの在庫状況は、アメリカと同じく容量・カラーによってバラツキがありますが、Apple Storeを訪れれば何かしら購入できる可能性が高いと判断することができます。一方でオンラインショップのほうはいまだ「1〜2週間」待ちとなっています。先日には「渋谷」が閉店したことから、単純に東京圏では「表参道」と「銀座」への供給が多くなるのか判然としませんが、少なくとも人の流れは多くなると考えらます。

1年において、ガジェットが一番売れるホリデーシーズンまでの「iPhone X」の在庫は十分に間に合いそうですね。今後の動向に要注目です。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧