• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE2」に「iPhone X Plus」。新たなコンセプトデザインが公開に。

「iPhone SE2」に「iPhone X Plus」。新たなコンセプトデザインが公開に。

2018年の初頭に出荷が開始されると言われている「iPhone SE2」ですが、先日の情報ではやはりインドで生産されるとされています。デザインに関しては「iPhone7」よりになるとされている中、今回2018年に登場する次期「iPhone」のコンセプトデザインが公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone SE2」はインドで生産され2018年の第1四半期に出荷開始との情報が。」をご参照下さい。



次期「iPhone」のコンセプトデザインが公開に。

 

先日の情報では次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルと「液晶」を搭載したモデルが発表されると予測されており、合計3つの新型「iPhone」が登場するとされています。詳細は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。さて今回ドイツメディアであるCURVEDが次期「iPhone」のコンセプトデザインを公開したのでまとめたいと思います。

 

エントリーモデルである「iPhone SE2」に「Face ID」が搭載されるかどうか判然としませんが、今回のコンセプトデザインにおいては3モデルとも共通して「ホームボタンの廃止」、「Face ID」の採用、そしてベゼルレスデザインの採用を確認することができます。コンセプトデザインなので、ただの推測になってしまいますが、少なくとも「iPhone SE2」の背面は「アルミ」のため「ワイヤレス充電」は搭載されないと考えられます。

また原価コストのこと。そして本体サイズを考慮した場合、次期「iPhone SE2」に「有機ELディスプレイ」が採用される可能性は非常に低いと考えられます。にしても今回のコンセプトデザインは、3モデルとも共通のデザインになっているため、非常に洗練されていてすっきりとした印象となっています。事前情報より「iPhone X Plus」に関しては、まさにこんな感じになると考えられますが、次期「iPhone SE2」はむしろこうなって欲しいですよね。

早ければ年明け早々に出荷が開始されるという「iPhone SE2」。情報が正しければそろそろ実機の画像でもリークしておかしくはありません。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧