早くも次期「iPhone X Plus」のモックアップがリークに。

先日の情報では、2018年に登場する次期「iPhone」は「iPhone X」のデザインを踏襲し、ついに「Plus」モデルが追加されると予測されています。今回俗称「iPhone X Plus」のモックアップが早くもリークしたためまとめたいと思います。先日の情報は「即買い。「6.7インチ」級ファブレット「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。



「モックアップ」が登場に。

 

先日までの情報では、2018年に登場する次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルが2つ、そして「液晶」を搭載したモデルが1つと、合計3モデル展開になる可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。」をご参照下さい。

さて今回、、Apple関連のリーク情報に精通しているBenjamin Geskin氏が自身のツイッターで、「iPhone X Plus」と液晶を搭載した「6.1インチ」モデルのモクアップを公開しています。

 

厳密に言えば、モックアップというよりは、リークしているサイズを元に「3Dプリンター」で印刷したものになります。ただ大きくデザインが変更されることはないとされているため、サイズのイメージがつくだけでもかなり有益な情報と言えます。

ちなみに今回のモックアップは販売されており、実際に購入が可能になっています。どれくらいの需要があるのか判然としませんが。有機ELディスプレイモデルに関しては、想定通りと言えますが、気がかりなのが「液晶」を搭載した「6.1」インチモデルです。

どのような立ち位置で登場するのか判然としません。大画面を搭載したモデルが必要であるなら併売される可能性が高い「iPhone8 Plus」に任せればいいですし、エントリーモデルという立ち位置であるば「iPhone SE」に任せればいいと考えられます。

何より、3モデル構成にすることによって、今年のような失敗の繰り返しにならないことを祈るばかりです。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧