「Galaxy S9」シリーズの画面占有率はまさかの「90%」以上に?

先日の情報では、次期「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」は「カメラ」の進化が目まぐるしく、かなりのアピールポイントになる可能性が高いと予測されています。一方でより進化した「インフィニティディスプレイ」を搭載するとの情報加え、今回画面占有率に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「Galaxy S9+」のベンチマークがリークに。「Android8.0」を搭載に。」をご参照下さい。



画面占有率がかなりアップに?

 

先日の情報では次期「Galaxy S9+」に関しては、Galaxyシリーズとして初めてインカメラに「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性がるとされています。詳細は「「Galaxy S9」はインカメラも「デュアルレンズ」仕様か」をご参照下さい。さて今回SamMobileによると、次期「Galaxy S9」シリーズのが面占有率は「89%~90%」程度になる可能性があると報告しています。

先日公開された「Galaxy S9」のレンダリング画像は、ケースを装着してしまっているため、正直よく分からない状態になっていますが、このレンダリング画像、特に上下のベゼルに関して、実際には最も細くなるだろうとしています。ちなみに現行の「Galaxy S8+」の画面占有率は「84%」とされています。

「Galaxy S9」シリーズは「Galaxy S8」シリーズとディスプレイサイズが変更されないとされていることからも、今回の情報通りであれば、ベゼルが細くなる分だけ、本体サイズがコンパクトになる可能性も考えられます。ただ、Edge部分をどのようにするかは判然としないとしています。

現行のスマートフォンのトレンドとしては、より大きなディスプレイを搭載して、本体サイズをコンパクトにすること。この流れはより強くなると考えられます。だからこそSamsungはより自社製品を優位に立たせるためにもより強化してくると考えられます。

ベゼルが細くなればなるほど、誤タッチの可能性や、本体の耐久性が非常に気になりますが、多くのサイトではあまり言及されていません。本体価格が高くなっている以上、デザインも重要ですが、本体の壊れにくさにも多少なりと気を使ってほしいところです。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧