再び。謎。「Xperia ZG compact」のベンチマークがリーク。

以前にも突如ベンチマークがリークされ話題を呼んだ「Xperia ZG compact」ですが、その時でさえ「フェイク」なのか試作機なのか判然としない状況でした。しかしながら今回また「Xperia ZG compact」のベンチマークがリークしたのでまとめたいと思います。先日の情報は「新機種!?「Xperia ZG compact」のベンチマークが判明に!?一体何者だ!?」をご参照下さい。



ベンチマークがリーク

 

さて今回Phone Arenaによると、謎のデバイス「Xperia ZG compact」のベンチマークがリークしたことを報告しています。今回の情報と、以前リークした時の情報は一致しており、特段の変更はありません。ベンチマークを確認する上ではRAMが「2GB」で搭載CPUが「snapdragon810」となっています。

このことからも「Xperia Z5 compact」のベンチマークを改ざんしたフェイクではないかと見られています。ただ、可能性の一つとして考えられるのが、過去に発売した「ハイエンドモデル」の仕様を変更して「ミドルレンジ」モデルとして発売することです。

ちょっと事情が異なりますが、簡単なイメージとして、Appleの「iPhone SE」やSamsungの「Galaxy Note FE」のようなリメイク版のような存在ではないかともされています。前回と同じくベンチマークしかリークしていないため、確度の高い情報はなく、あくまでもすべて推測になってしまいます。

確かに、SONYとしては新しい端末を開発するより、既存モデルをリメイクしたほうが開発費や製造費も抑制することが可能で、結果的には本体価格も抑制することができます。しかしながら一定の感覚で、コンパクトモデルを発表しており、なぜ今更「Xperia Z5 compact」のリメイク版をだす必要があるのか疑問です。

果たして本当に日の目をみることがあるのか気になりますが、仮に登場することがあれば、まずは名称は「Xperia ZG compact」ではないように思えます。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧