• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • また別のデバイス?次期「Xperia」は「QHD」に2400万画素のカメラを搭載に?

また別のデバイス?次期「Xperia」は「QHD」に2400万画素のカメラを搭載に?

先日の情報では、MWC2018年に登場する次期「Xperia」の多くは「ミドルレンジ」モデルになると予測されていますが、今回、あまり情報が少ない「ハイエンドモデル」のスペックについての情報がリークしたのでまとめたいと思います。先日までの情報は「MWC2018でSONYは4つの新型「Xperia」を発表か。」をご参照下さい。



「ハイエンドモデル」のスペックがリークか。

 

先日までの情報では、2018年に登場する次期「Xperia」において、フラグシップモデルとは別にスーパーフラッグシップモデルが存在していると予測されています。詳細は「欲しくてたまらない。「Xperia XZ1 premium」は最強のファブレットへ!?ベンチマークがリークか!?」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」のハイエンドモデルにおけるスペックに関する投稿があったのでまとめたいと思います。今回の情報によると、次期「Xperia」は、「snapdragon835」を搭載し、RAMが「6GB」で、そしてストレージが「64GB」になるとしています。

「snapdragon835」を搭載している点においてちょっと疑問も残りますが、仮に「snapdragon835」を搭載している場合、2107年で見る「Xperia XZs」つまり「Xperia XZ1s」に相当するデバイスになると考えることができます。またカメラについても言及しており、より大型のセンサーを搭載し、画素数は「2400万画素」、そしてインカメラは「1300万画素」になるとしています。

またF値が「1.7」になるとされていることから、現行の「Xperia XZ premium」などが「F2.0」であることを考えればかなり明るい写真を撮影することが可能になります。またスローモーション撮影も強化されるとされており「1000fps」での撮影が可能になるとしています。

本体サイズに関しては「Xperia XZ1」と同等のサイズになるとしながらも、画面占有率が「80%」になることからディスプレイサイズが「5.7インチ」そして表示解像度が「QHD」になるとしています。このことからも今回リークしたデバイスは「Xperia XZ premium」の後継機種とは別のものになります。

情報源があまり信憑性がないため噂半分程度に捉えておいたほうがいいですが、今回の情報が正しければ、「QHD」に対応するXperiaはこれで2機種目になります。一部情報では、噂されている「デュアルレンズカメラ」を最初に搭載するのは「ハイエンドモデル」ではなく、「ミドルレンジ」モデルになるともされています。ちょっと情報が錯綜している感も否めませんが続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧