「Galaxy S9」はインカメラも「デュアルレンズ」仕様か。

先日の情報では、次期「Galaxy S9」シリーズは、より強化した「インフィニティディスプレイ」や「虹彩認証」、そして「顔認証」を搭載すると予測されています。特に「カメラ」の進化は凄まじしいとされています。今回「カメラ」に関して新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy S9」は最高のスペックとカメラを搭載するかもって話。」をご参照下さい。



 

「インカメラ」も大幅に仕様が変更か。

 

2018年のある意味一つの指針となる搭載CPUですが、先日の情報では「Galaxy S9」のベンチマークがリークし、地味ながらもスペックが向上していることが確認されています。詳細は「「Galaxy S9」シリーズのベンチマークがリーク。そこまでの進化は見られない。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S9」はインカメラに「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性があると報告しています。ただ具体的な仕様は判然としない状況になっています。ただアナリストによると、前面、そして背面のデュアルレンズカメラは差別化する要素にはなりえないとしています。

一方で残念なのが、次期「Galaxy S9」シリーズの大きな特徴ともいえる「カメラ」ですが、逆に原価コストの上昇を招き本体価格が上昇すると予測しています。昨今のスマートフォン、特にハイエンドモデルの本体価格の上昇は、ユーザーにとってちょっと厳しいものがあります。

「Galaxy S8」シリーズ、そして「Galaxy Note8」も日本円で10万円前後の価格となるため、次期「Galaxy S9」シリーズは日本円で11万円以上の価格になると推測することができます。韓国国内では、毎回新機種を発売するたびに数々の販売記録を打ち立てていますが、価格の上昇がどのように影響するか気になります。

少なくとも中国のように、本体価格の上昇が原因で、逆に批判の対象にならないことを願うばかりです。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧