• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S9
  • 「Galaxy S9」シリーズのベンチマークがリーク。そこまでの進化は見られない。

「Galaxy S9」シリーズのベンチマークがリーク。そこまでの進化は見られない。

先日の情報では、「Galaxy S9」のベンチマークの一部がリークしたことから、「Android8.0」を搭載しているなど本体スペックの一部も判明しています。今回「Galaxy S9」のベンチマークがGeekBech上で発見されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy S9+」のベンチマークがリークに。「Android8.0」を搭載に。」をご参照下さい。



 

GeekBech上でついに発見。

 

先日の情報では、早くて2018年の1月に正式発表されると予測されている「Galaxy S9」シリーズですが、一部情報に誤差があるとはいえ、かなり詳細なスペックがリークしています。詳細は「「Galaxy S9」の詳細なスペックがリークか?」をご参照下さい。さて今回GeekBench上で「Galaxy S9」のモデル番号であるとされている「SM-G960F」のベンチマークが発見されたのでまとめたいと思います。

今回リークしたベンチマークが上記の画像になります。先日の情報とも一致しており、「RAM」が「4GB」や「Android8.0」を搭載していることを確認することができます。また今回リークしたモデルは「snapdragon845」を搭載しているモデルではなく、「Exynos9810」を搭載してモデルとなります。とはいえ「snapdragon845」と同程度のスペックであると考えることができます。

上記の画像からも、シングルコアが「2680」にマルチコアが「7787」となっており、「snapdragon835」など前モデルから2割程度の順当な進化をしていることが確認することができます。ただ、今回のスコアは平均値ではないと思われるので鵜呑みにするのは危険です。「iPhone X」や「iPhone8」シリーズに搭載されている「A11 Bionic」は「A10」チップと比較しても大幅な進化をしています。

このことと比較してしまうと、今回のベンチマークはちょっと物足りなさを感じてしまいます。「A11」チップのマルチコアは「1万」という数字を達成していますが、この分だと「Android」のほうはコア数を無駄に増やさない限り、まだまだ時間がかかりそうです。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧