めっちゃ高いけど。国内でも「Google Pixel2 XL」が購入可能に。

少なくとも今年発表されたスマートフォンの中で最高のカメラを搭載している「Google Pixel2 XL」ですが、先日公開された海外サイトによるレビュー記事においてはあまり高評価と言えるものではありませんでした。日本での展開が判然としない中、日本国内でもSIMフリーモデルが購入できるようになったのでまとめたいと思います。先日の情報は「影に隠れた名機になる予感。「Google Pixel2 XL」のレビューが公開に。」をご参照下さい。



 

SIMフリーモデルが購入可能に。

 

先日の情報では、一部ユーザーから、購入した「Google Pixel2 XL」にOSがダウンロードされていないという珍事がありちょっと話題になっていました。詳細は「新手のサプライズ。「Google Pixel2 XL」はOS非搭載の状態で出荷されている。」をご参照下さい。さて今回海外のSIMフリースマートフォンを扱うEtorenにおいて、「Google Pixel2 XL」の発売を開始しており、日本国内でも購入が可能になったので簡単にまとめたいと思います。

まず、「Google Pixel2」と比較すると発売日はだいぶずれた印象を否めません。また個人的にもっともよく利用しているExpansysにおいてはまだ発売すら開始しておらず、Etorenのほうが先に発売になるのはちょっと意外でした。いつもであれば、「Expansys」のほうが、早く「予約」を受付開始し、「発売」も早い印象がありますが、今回「Etoren」が先。

むしろ「Expansys」においては、予約すら受け付けてない状況です。なぜこのような状況になっているのか判然としません。本体価格に関しては「15万1784円」となっており、「iPhone X」よりも高いというか、めちゃくちゃ高いです。それだけ在庫状況が不安定だと考えることもできます。今年最高クラスのカメラにベゼルレスデザインを採用したファブレット端末。

確かに今年のトレンドをしっかり取り入れた機種ではありますが、それでも高すぎる印象です。個人的にはちょっと価格が落ち着くまでは様子見するほうが無難だと思います。今後の動向に要注目です。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧