次期「iPhone X Plus」のディスプレイサイズは「6.5インチ」か。

先日までの情報では、次期「iPhone」は「iPhone X」と同じデザインを採用しつつも、「Plus」モデルを追加されるとしていますが、情報によってはこのディスプレイサイズが異なります。今回「iPhone X Plus」のディスプレイサイズは「6.5インチ」になるとの情報も入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「即買い。「6.7インチ」級ファブレット「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

 



 

「6.5インチ」のディスプレイを採用か。

 

先日までの情報では、「iPhone X」には未だ未発表となっている新色「ブラッシュゴールド」の存在が確認されていることからも、何かしらの形でAppleは新色を追加する可能性があると予測されています。詳細は「やはり可能性が。「iPhone X」にゴールドモデルが追加される?」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が自身のTwitterで、次期「iPhone」の「Plus」モデルは「6.5インチ」になる可能性があるとTweetしています。

 

 

一部情報では「iPhone X」のディスプレイサイズは「6.4インチ」になると予測されていれば、一方では「6.7インチ」になるとも予測されています。ただ今回の情報では、「6.5インチ」になるとしており、2018年に登場する次期「iPhone」のディスプレイサイズは「5.8インチ」・「6.1インチ」・「6.5インチ」の3モデル構成になると考えられます。

インチ表記で見た場合、「iPhone X」は「iPhone8 Plus」より大きいのですが、実際のディスプレイサイズで考えると「iPhone8 Plus」のほうが大きいです。また実際に使ってみると、もともと「Plus」ユーザーということもありますが、やはり「iPhone8 Plus」のほうが画面が広く使いやすいと感じてしまいます。

しかしながら「iPhone X Plus」は「iPhone8 Plus」とほぼ同等の大きさで「6.5インチ」のディスプレイを搭載しているのであれば、画面が非常に広く非常に使いやすいと考えられます。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧