• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 2019年に登場する次期「iPhone」には「True Depth カメラ」をリアカメラに搭載か。

2019年に登場する次期「iPhone」には「True Depth カメラ」をリアカメラに搭載か。

評判がいいのか悪いのか賛否両論がはっきりとしている「Face ID」ですが、2018年以降に登場するApple製品の多くは搭載すると予測されており、この根底をなす「True Depthカメラ」の生産状況も安定に向かっているとしています。今回この「Ture Depth カメラ」がリアカメラにも搭載さるとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日までの情報は「ベンチマークだけじゃない。Appleは「TrueDepthカメラ」でAndroidより2年先の未来をいく。」をご参照下さい。

 



 

2019年にはリアカメラに搭載される。

 

先日の情報では、「True Depth カメラ」の生産状況を安定化させることを優先させるため。また大きな仕様の変更を2018年には行わないとしていることから、2018年に登場する次期「iPhone」のリアカメラには搭載されないと予測されています。詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」も「True Depth カメラ」を搭載か?」をご参照下さい。

さて今回Apple Insiderによると、Appleは2019年に登場する次期「iPhone」のリアカメラに「True Depth カメラ」を搭載することを計画していると報告しています。今回の情報によると、次期「iPhone」のリアカメラ専用の「3Dセンサー」を開発しているとしています。今回の情報だけでは、リアカメラに「3Dセンサー」を搭載することでどれだけのメリットがあるか判然としません。

しかしながらAppleは「ARkit」を発表しているように、「ARkit」と互換性のあるアプリを通してより拡張現実機能を強化することが考えられます。またAppleはこの「3Dセンサー」のサプライヤーとして「ソニー」、「Infineon」、「パナソニック」などと話を進めているとしています。一部情報では、2020年までには「ARヘッドセット」を発表すると予測されており、次期「iPhone」のリアカメラに搭載されるタイミングと同じ時期になることも推測することができます。

Appleが「iPhone X」に採用した「3Dセンサー」の精度にAndroidが追いつくのは最低でも2年近くの時間を要するとされており、この2年の間にAppleは「3Dセンサー」をどれだけ進化させられるのか今から楽しみです。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧