次期「iPhone」は3モデル構成で一つは廉価モデルに。

先日の情報では、2018年に登場する次期「iPhone」は、「6.4インチ」以上の「Plus」モデルが追加されると予測されていますが、今回さらに「廉価モデル」を含めた3モデルになるとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「即買い。「6.7インチ」級ファブレット「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

 



 

「廉価モデル」が登場か。

 

先日公開されたバッテリーテストによって、今年登場した新型「iPhone」の中で最上位機種となる「iPhone X」の電池持ちは決して良いとはいえないという結果になっていることが判明しています。詳細は「非常に厳しい評価に。「iPhone X」のバッテリーテストの結果が公開に。」をご参照下さい。

さて今回MacRumorosによると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が2018年に登場する次期「iPhone」は3モデル構成になると報告していることが判明したとしています。今回の情報によると、「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルが2モデルになり、さらに液晶を搭載したモデルが1モデルになるとしています。

「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルに関しては、事前情報通り、「iPhone X」に「Plus」モデルが追加される形になります。一方で「液晶」を搭載する新型「iPhone」に関しては、ディスプレイサイズが「6.1」インチになり、詳細なスペックは判然としませんが、「ベゼルレスデザイン」の採用や「Face ID」の搭載など、「iPhone X」の特徴のほとんど採用すると予測されています。

「有機ELディスプレイ」搭載モデルは、ハイエンド市場をターゲットに、「液晶」搭載モデルは「ミドルレンジ市場」をターゲットになるとしています。「液晶」搭載モデルに関しては「$649」程度、日本円で約「7万3000円」程度になるとされています。先日の情報では「iPhone X」の原価コストの半分は「有機ELディスプレイ」とされており、ディスプレイを「液晶」にすることで、だいぶ本体価格も抑えることができます。

困るのがやはりその名称です。現時点では名称に関する情報はなく、これは「iPhone X」や「iPhone8」シリーズのときも直前まで判明しませんでした。どのような名称になるか今から非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧