「Galaxy S9+」のベンチマークがリークに。「Android8.0」を搭載に。

先日の情報では、より改良された「インフィニティディスプレイ」を搭載すると予測されている「Galaxy S9」シリーズですが、今回早くも「Galaxy S9+」のベンチマークがリークし、一部スペックが明らかになったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「インフィニティディスプレイ」はさらに進化を?「Galaxy S9」はより洗練されたデザインに?」をご参照下さい。

 



 

「Android8.0」を搭載に。

 

先日の情報では、「Galaxy S9」シリーズは以前より予測されていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すると予測されていましたが、技術的な問題を解決することができず、結局のところは搭載することができないとされています。詳細は「あれ?「Galaxy S9」シリーズは「ディスプレイ統合型」指紋センサーの搭載を断念か。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、早くて1月に正式発表される「Galaxy S9」シリーズのベンチマークがリークしたことを報告しています。今回リークしたベンチマークが上記の画像になります。ベンチマークのスコアに関しては、「テスト機」のため全くあてになりません。

しかしながら、すでに正式発表されている「Exynos 9810」を搭載することは間違いないないと考えられます。今回のベンチマークで確認できるのは、まずRAMが「4GB」であること。「Galaxy S8」シリーズにおいてもは地域限定でRAMが異なるモデルが用意されていることからも、今回リークしたモデルはエントリーモデルだと考えられます。

そして搭載OSが「Android8.0」であることです。先日の情報では、ようやく「Galaxy S8」シリーズの「Android8.0」のβ版のテストが開始したばかりです。詳細は「「Galaxy S8」シリーズに「Android8.0」のβ版の配信が開始」をご参照下さい。

このことからも、下手したら「Galaxy S9」のほうが「Android8.0」を搭載して登場するほうが早いかもしれません。とはいえ「Android8.0」自体もすでに最新OSではないため、結局のところOSの対応が遅いことに変わりはありません。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧