MWC2018でSONYは4つの新型「Xperia」を発表か。

先日の情報では、1月に開催されるCES2018で2機種、MWC2108で2機種の新型「Xperia」が発表されると予測されていますが、今回、MWC2018において、SONYはMWC2017と同じく4機種程度発表する可能性があるとされているのでまとめたいと思います。先日の情報は「MWC2018ではやはり2つの新型Xperiaが発表されるかも。しかもハイエンドモデル。」をご参照下さい。

 



 

フロアマップが公開に。

 

先日の情報では、MWC2018の目玉になると予測されていた「Xperia XZ premium」の後継機種の発表は「秋」になる可能性があるとされています。詳細は「悲報。次期「Xperia XZ1 premium」の登場は2018年の秋か。」をご参照下さい。さて今回MWC2018のフロアマップが公開されたのでまとめたいと思います。

今回の情報によると、SONYのブースは「1744」となっており、競合である「Samsung」をはじめ「Qualcomm」などとブースの面積が同じであることを上記の画像から確認することができます。また今回のブースの広さはMWC2017の時と同じ広さでもあります。

このことからも、一概には言えませんが、ブースの広さを考慮すれば「MWC2017」と同じく4機種程度発表する可能性があると考えることもできます。冒頭でも記述しましたが、CESとMWCでわざわざ分割して発表することは正直考えにくいとも思えてしまいます。

実際のところ、「新シリーズ」に大きな力が入っていることが考えられます。ただ事前情報を考慮すると、「大きな注目要素」でもあった「Xperia XZ premium」の後継機種がでてこない可能性が高い以上、新シリーズの冒頭は「ミドルレンジモデル」がメインになると考えることもできます。

「3月」前後の時期は、Appleが新型の「iPhone」を発表する時期ではないので、割と狙い目の時期でもあります。SONYにしっかりとガンバって欲しいところです。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧