「Galaxy S9」のCADが公開に。指紋認証の場所がようやく変更に?

先日の情報では、Samsungの次期フラッグシップ「Galaxy S9」には、長らく噂されていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されないとしています。今回、「Galaxy S9」のCADが公開され、「指紋認証」の位置が判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「あれ?「Galaxy S9」シリーズは「ディスプレイ統合型」指紋センサーの搭載を断念か。」をご参照下さい。

 



 

「指紋認証」の場所が変更に。

 

早くて今年の12月から大量生産を開始すると予測されている次期「Galaxy S9」シリーズですが、先日にはかなり詳細なスペックがリークしており、順当な進化をしていることが判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の詳細なスペックがリークか?」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S9」シリーズのCADがリークしたことを報告しています。今回公開されたCADが上記の画像になります。早くも「Galaxy Note8」で搭載された「デュアルレンズカメラ」が「Galaxy S9」にも搭載される可能性が高いと考えることができます。

そして多くのユーザーが気にしている「指紋認証」の搭載場所ですが、「デュアルレンズカメラ」の下の位置に移動していることが確認できます。しかしながら、「カメラレンズ」と隣接しているため、指紋認証の際の誤タッチは依然として発生することが考えられます。

「iPhone X」において、Appleは「指紋認証」から「顔認証」への変更を歩み始めましたが、Samsungは「指紋認証」も「顔認証」もどちらも搭載しており、どちらかというと「指紋認証」に固執しているようにも感じます。また「Galaxy S」シリーズに搭載されている「顔認証」の認証精度はお世辞にもすごいと言える状態にありません。

先日までの情報では、「iPhone X」と同様の認証精度を実現するには早くても後1年はかかると予測されています。このことからも後1年は「指紋認証」が搭載されると考えられますが、その搭載場所に関しては、「カメラレンズ」の横から大幅に変更されることは考えにくいところです。今後の動向に要注目です。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧