• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • SAMSUNGは、インフィニティディスプレイを搭載した超コンパクトGalaxyを開発中か。

SAMSUNGは、インフィニティディスプレイを搭載した超コンパクトGalaxyを開発中か。

価格の高さから何かと評判の悪い「Galaxy Note8」ですが、先日の情報では、韓国国内での累計販売数が「100万台」を突破しており、かなりの好調な実績を作っています。一方で今回、インフィニティディスプレイを搭載したコンパクトモデルを開発しているとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「確実に実績を。「Galaxy Note8」が韓国で100万台販売に。」をご参照下さい。

 



 

コンパクトモデルを開発中か。

 

一時期、「Galaxy S8」シリーズには「mini」モデルが追加されると予測されていましたが、コンパクトモデルの需要の少なさから開発を途中で中断したとされています。詳細は「コンパクトモデル「Galaxy S8 mini」の開発中止か!?」をご参照下さい。さて今回GizmoChinaによると、SAMSUNGは「インフィニティディスプレイ」を搭載したコンパクトモデルを開発していると報告しています。

現行で発売されている「Galaxy S8」シリーズは「5.8インチ」から。「Galaxy Note8」は「6.3インチ」と本体の大きさは前モデルとほぼ変更なく、かなり大型のディスプレイを搭載していますが、今回の情報によると、SAMSUNGは「Galaxy A5」や「Galaxy A7」のような小型モデルにまず、「インフィニティディスプレイ」を搭載しようと考えているとしています。

さらに、「5.0インチ」程度のコンパクトモデルに「インフィニティディスプレイ」を搭載しようとしていること明らかにしています。「インフィニティディスプレイ」を採用した上で「5.0インチ」程度であれば、本体サイズはかなりコンパクトになると予測することができます。

2018年の第2四半期までには、Appleのコンパクトモデルである「iPhone SE2」が登場すると予測されていますが、Samsungも真っ向勝負を仕掛ける可能性があります。ここに新シリーズのXperiaが参入するのか非常にきになる所です。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧