• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 即買い。「6.7インチ」級ファブレット「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。

即買い。「6.7インチ」級ファブレット「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。

2018年に登場する次期「iPhone」も「iPhone X」と同様のデザインを採用すると予測されており、先日の情報では「iPhone」だけに留まらず、次期「iPad」にまで波及すると考えられています。今回次期「Plus」シリーズの新たなレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Face ID」を搭載した次期「iPad Pro」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

 



 

「iPhone X Plus」のレンダリング画像が公開に。

 

2018年に登場する次期「iPhone」は「iPhone X」と同様のベゼルレスデザインを採用した上で、ディスプレイサイズが異なる2モデル展開になると予測されています。詳細は「2018年には「iPhone X Plus」が登場か?ついに大型画面ユーザーを満足させる仕様に。」をご参照下さい。さて今回Martin Hajekによると、来年登場が予測されている次期「Plus」モデルである「iPhone X Plus」の新たなレンダリング画像を公開したのでまとめたいと思います。

今回公開されたレンダリング画像によると、「iPhone X Plus」のディスプレイサイズは「6.7インチ」で作成されており、「5.8インチ」を搭載している「iPhone X」との大きさの差は一目瞭然であることが確認することができます。先日の情報でも、「6.46インチ」サイズになるとされていることからも、少なくとも「6.4インチ」のディスプレイサイズであると考えることができます。

 

 

実際に「iPhone X」を使ってみると分かりますが、ディスプレイの狭さを感じることが特に感じることはありません。つまり「iPhone8 Plus」など大型モデルを好んでるユーザーであっても違和感なく使うことができると考えられます。ただ今回のレンダリング画像のように「6.4インチ」以上のディスプレイを搭載すれば、かなり画面の大きさに圧倒されると考えることができます。

年々スマートフォンのディスプレイサイズは大型化しており、やはり世界全体でみると大型ディスプレイが好まれていると考えることができます。「iPhone6」シリーズ以降、Appleもこの流れに追従しており、今後も継続すると考えることができます。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧