2018年に登場する次期iPhoneは新たな金属フレームを採用か。

先日の情報では、2018年に登場する次期「iPhone」はディスプレイサイズが異なる2モデル展開になり、共通して「有機ELディスプレイ」を採用すると予測されています。今回、次期「iPhone」には新たな金属フレームが採用するという情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「2018年に登場する次期「iPhone」の噂をまとめてみたって話。」をご参照ください。

 



 

新たな金属フレームを採用か?

 

モックアップ上ではリークしていた「iPhone X」の新色「ブラッシュゴールド」ですが、先日の情報では、公開された関連特許から、少なくとも開発をしていた可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり可能性が。「iPhone X」にゴールドモデルが追加される?」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報に精通しているKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は2018年に登場する次期iPhoneは新たな金属フレームを採用する可能性が高いと報告していることが判明したとしています。現在「iPhone X」に採用されている金属フレームは4つの金属から構成されています。

一方で次期「iPhone」にはより複雑な構造を採用した金属フレームを採用するとしています。今回の情報によると、より複雑な金属フレームを採用する理由の一つとして、より高速なデータ通信を行うためとされています。次期iPhoneは「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルが2モデル体制になること。そしてより金属フレームの構造が複雑になるなどの理由から、組み立てを行うサプライヤーが新たに必要になるとしています。

そしてすでに、台湾企業の「Catcher Technology」と「Casetek」がサプライヤーの座を勝ち取ったとしています。ようやく発売を開始した「iPhone X」ですが、Appleとしてすでに着々と次期「iPhone」の準備を進めていることになります。すでにおおまかな全体像は判明していますが、詳細なスペックはもちろん判然としない状況にあります。続報に期待しましょう。



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧