「Galaxy Note9」のコードネームが判明か。

販売直後は、決して販売実績が好調といる状態ではなかった「Galaxy Note8」ですが、先日の情報では、韓国の販売実績が100万台を超えたされています。今回次期モデルである「Galaxy Note9」のコードネームが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「確実に実績を。「Galaxy Note8」が韓国で100万台販売に。」をご参照下さい。

 



 

コードネームが判明か?

 

先日の情報では、以前より噂されていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」が「Galaxy Note9」で初めて搭載される可能性があると予測されています。詳細は「まだまだ先。「Galaxy Note9」で初めてディスプレイ統合型指紋センサーを搭載か!?」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、次期「Galaxy Note9」のコードネームが「クラウン」になると報告しています。今回の情報は、Samsungのサプライヤー企業が伝えたもので、合わせて2018年第一四半期に生産を開始するとも報告しています。今回の情報だけでは「クラウン」の意味を判断することはできません。

一方で「Galaxy Note8」のコードネームが「バイカル」とされており、世界最大の湖である「バイカル湖」から名付けたとされています。Xperiaのようにコードネームに確定的な規則があるわけではないので、今回判明した「クラウン」も湖から名付けているか判然としません。

スペックに関してはほとんど判明しておらず、今回の情報でも「Sペン」と「デュアルレンズカメラ」の改善がされるとしているだけです。現時点では「Galaxy Note9」のスペックを判断することはできませんが、「Galaxy S9」のスペックを見ることである程度予測することができます。

このことからも、来年初頭に発表される「Galaxy S9」シリーズの正式発表を楽しみに待ったほうがいいと考えられます。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧