やはり可能性が。「iPhone X」にゴールドモデルが追加される?

いよいよ発売を開始した「iPhone X」ですが、残念なことに事前情報にあった新色「ブラッシュゴールド」の音沙汰は一切ありません。しかしながら今回、Appleが新たな特許を申請していたことが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のゴールドモデルの正式名称は「ブラッシュゴールド」か!?」をご参照下さい。

 



 

「ゴールド」が追加の可能性も。

 

先日公開された情報によると、「iPhone X」のカラーラインナップは、現時点で発表されている「シルバー」と「スペースグレー」の2色以外に「ゴールド」モデルがある可能性があることが判明しています。詳細は「やはり「iPhone X」に「ゴールドモデル」が追加される!?RAMと電池容量が判明に。」をご参照下さい。

さて今回CNBCによると、Appleが硬質金で特殊加工する技術の特許を申請していたことが判明したとしています。金の欠点としては、割と柔らかく傷がつきやすいのですが、ほかの金属を合金することによって、より硬質化することができるようになるとしています。

さらに合金することで、他の色味を出すことが可能になり、「レッドゴールド」、「ピンクゴールド」、「ホワイトゴールド」、「グリーンゴールド」、「ブルーゴールド」などのカラーを表現することができるとしています。事前情報では「07」という鏡面仕上げのカラーが追加されるとの情報がありました。

この「07」に関する特許も公開されており、やはり特殊加工することによって傷がつきにくくするものだとしています。つまり色合いは異なるとしても、Appleは自社製品に傷がつきにくく、可能な限り加工しやい技術を模索していると考えられます。もともと「ゴールド」に関しても、生産状況があまりにも芳しくない状態であることが原因で発売を見送られたとの情報もあります。

Appleが「iPhone」の新色を遅れて発表する例はほとんどないため、なんとも言えないところですが、仮に追加されるとしたら3月に開催されるイベントもしくはサイレントアップデートが考えられます。「iPhone8」と「iPhone X」は「iPhone7」シリーズと比較すると大幅にカラーが変更されています。

ただ「iPhone5s」以降、人気の高い「ゴールド」が「iPhone X」で追加されてもおかしくはありません。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧