「Galaxy S9」の詳細なスペックがリークか?

早くて来月から大量生産を開始すると予測されている「Galaxy S9」シリーズですが、大幅に改良された「インフィニティディスプレイ」を搭載すると予測されています。全体像があまりはっきりしていない「Galaxy S9」ですが、今回詳細なスペックがリークしたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「インフィニティディスプレイ」はさらに進化を?「Galaxy S9」はより洗練されたデザインに?」をご参照下さい。

 



 

詳細なスペックがリークか?

 

先日の情報では、「Galaxy S8」シリーズなどにすでに搭載されている「顔認証」を「iPhone X」と同じく「3Dセンサー」によってよりセキュリティや認証精度の面で強化すると予測されています。詳細は「「iPhone X」に追従?「Galaxy S9」は「3Dカメラセンサー」を搭載か!?」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、来年初頭に発表される「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のスペックがリークしたことを報告しています。

 

 

「Galaxy S9」に関しては、「本体サイズ」・「ディスプレイサイズ」と目立った変更はりません。ただいくつか変更点もあり、まず「イヤホンジャック」が廃止されることになります。まあBluetoothヘッドセットの認知が広まっていることと、本体内部スペースの有効活用を考えれば妥当だと考えることもできます。

そしてカメラに関しては「インカメラ」が「1200万画素」に強化されています。さらに長らく噂されていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されるとしています。少なくとも現行シリーズのように「カメラレンズ横」よりマシですが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」は本体の原価コストが上昇してしまうこと。

そして「ディスプレイ」の光量にムラがでることから、早くても「Galaxy Note9」から搭載されるとの情報もあります。詳細は「まだまだ先。「Galaxy Note9」で初めてディスプレイ統合型指紋センサーを搭載か!?」をご参照下さい。ただ今回の情報が正しければ、予測よりかなり早い段階での搭載になります。

ちなみに「Galaxy S9+」においても、本体サイズとディスプレイサイズは現行モデルとほぼ変更がなく、スペックは「Galaxy S9」と同じ仕様になっています。今年も約2ヶ月です。どんどんリーク情報がでてくると思うので続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧