2018年に登場する次期「iPhone」も「True Depth カメラ」を搭載か?

2018年に登場する次期「iPhone」は2モデル展開になるとされていますが、デザインに関しては「iPhone X」のデザインを踏襲すると予測されています。今回「iPhone X」の生産遅延の原因にもなっている「True Depth カメラ」が次期「iPhone」にも搭載されるとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「2018年には「iPhone X Plus」が登場か?ついに大型画面ユーザーを満足させる仕様に。」をご参照下さい。

 



 

引き続き採用の可能性が。

 

先日の情報では、生産遅延の原因になっている「True Depth カメラ」の供給は早くて年内、遅くても来年初頭までには改善すると予測されています。詳細は「「iPhone X」は予約必須。在庫状況は史上最悪だよって話。」をご参照下さい。さて今回9To5Macによると、Apple関連のリーク情報に定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、2018年に登場する次期「iPhone」においても現行の「True Depth カメラ」が搭載される可能性が高いことを報告しています。

今回の同氏のレポートによれば、「Ture Depth カメラ」だけではなく「ドットプロジェクター」や「赤外線カメラ」に関してもアップグレードされる可能性はほぼないと報告しています。つまり次期「iPhone」に関して、「Face ID」に関わる仕様は何も変更されないと予測することができます。また逆にに言えば、次期「iPhone」に関しては、「Face ID」に関連した部品による生産の遅延は考えにくいと考えることもできます。

良くも悪くもアップグレードしないことは、他のデバイスに搭載されることにつながり、今回レポートでは改めて次期「iPad」に「Face ID」が搭載される可能性があることに言及しています。今回の情報を考慮すれば、今後発売されるデバイスは、基本的に「Touch ID」が廃止になる可能性が高いと考えることができます。

少なくとも以前より噂されていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」の開発が継続しているかどうか判然としませんが、かなり高コストになる可能性が指摘されており、セキュリティの面、認証精度の面も考慮すれば搭載されない可能性が非常に高いと考えれます。まずは「iPhone X」で「Face ID」が本当に便利なのか見極めたいと思います。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧