「Xperia XZ premium」新色「Rosso」の価格がちょっと高い。でも他の色は「Xperia XZ1」より安い。

日本国内で発売日初日から「在庫なし」の状態になるなど、人気があるのかないのかなんとも言えない「Xperia XZ premium」の新色「Rosso」ですが、今回SIMフリーモデルにおいて既存の色よりちょっと高いことが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Xperia XZ premium」新色「Rosso」のSIMフリーモデルの予約が開始。ドコモ版は早くも品切れ。」をご参照下さい。

 



 

新色「Rosso」の価格が判明。

 

先日の情報では、「Xperia XZ premium」の後継機種モデルに、RAM「6GB」でストレージが「128GB」の「Pro」モデルが追加される可能性があると予測されています。詳細は「次期「Xperia」に「Pro」モデルが存在か?RAM「6GB」でストレージが「128GB」?」をご参照下さい。さて今回予約受付中の「Expansys」において、「Xperia XZ premium」の新色「Rosso」の価格が判明したのでまとめたいと思います。

執筆現時点では、新色「Roso」の価格は「7万7510円」となっています。今年の最上位機種であることを考えれば「8万円」をきっていることからも非常に安いと考えられますが、他のカラーが「6万6770円」となっていることからもちょっと割高に感じてしまいます。価格差は約1万円ですね。確かに何かと評判の良い新色「Rosso」ですが、新色というだけでスペックなどに変更ありません。詳細は「残念。「Xperia XZ premium」の新色「Rosso」はただの新色だった。」をご参照下さい。

ちなみに「Xperia XZ1」の執筆現時点での価格は「6万8560円」となっており、既存色の「Xperia XZ premium」より僅かに高く、新色「Rosso」よりは安いという構図になっています。今回改めて思うのは「Xperia XZ1」の値崩れのペースがかなり早いということです。「Expansys」などは、キャリアと違って、人気によって価格が大きく変動します。

つまり、人気がない機種ほど値崩れするペースも早いということになります。ハイエンドモデルとしては今年最後の最新機種となった新色「Rosso」ですが、正直なところもうちょっと早く発売したほうがよかったと考えれます。何よりあと3ヶ月程度で新機種が登場するからです。今後の動向に要注目です。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧