再確認。「Xperia XA1 Plus」のピンクはアジア限定カラーに。

下期に登場した新型Xperiaの中で、最もコストパフォーマンスに優れていると考えられる「Xperia XA1 Plus」ですが、本体のカラーラインナップは「4色」」となっています。今回地域限定発売となる「ピンク」についてまとめたいと思います。先日の情報は「安いだけじゃない。電池持ちが良すぎる。「Xperia XA1 Plus」のレビューが公開に。」をご参照下さい。

 



 

「ピンク」は地域限定カラーに。

 

先日公開されたレビュー記事によれば、同サイトの中でも「電池持ち」と「スピーカーの音量」に関しては、歴代Xperiaの中でもトップクラスであることが判明しており、特に上位を占めているのが「コンパクト」モデルであることを考えれば、「Xperia XA1 Plus」は大画面を搭載したXperiaの中でもトップクラスのコストパフォーマンスを維持していると考えられます。詳細は「スピーカーの音量はXperia史上最高レベルに。「Xperia XA1 Plus」のレビューが公開に。(後編)」をご参照下さい。

さて今回、発売を開始している「Xperia XA1 Plus」の「ピンク」が地域限定カラーであることをすっかり忘れていたので簡単にまとめたいと思います。まず上記の画像は、「アメリカ」のソニーストアの「Xperia XA1 Plus」のページになります。本体カラーは「ゴールド」・「ブラック」・「ブルー」の3色のみとなっています。先日公開されたレビュー記事も、サイト自体がアメリカのため、基本3色しか紹介されていません。

 

 

次に「香港」のソニーストアのXperiaのページを確認すると、上記の画像のように「ピンク」を確認することができます。同様に「台湾」などいくつかのアジア圏の国のソニーストアのホームページでは「ピンク」モデルの確認することができました。ただなぜ「ピンク」がアジア圏限定カラーとなっているのかは判然としません。あまりアジア人がピンクを好むというイメージはないのですが。

また日本国内でSIMフリースマートフォンを購入する際に重宝されている「Expansys」や「Etoren」も、「香港」に支社や拠点を持っているため、今回「Xperia XA1 Plus」の「ピンク」モデルを普通に購入することができます。実機を確認できている訳ではないので、何ともいえませんが男性が持つにはちょっときついピンクかもしれませんね。気になる方は下記のリンクからどうぞ。

 

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧