「Xperia XZ premium」のカメラの歪みが改善。どれだけ改善したか比較してみた。

先日より「Xperia XZ premium」のSIMフリーモデルに「Android8.0」の配信が開始されました。「Android8.0」のアップデートの中で、「カメラの歪み」の改善も含まれており、今回、改善前と改善後の写真を比較することでかなり改善されていることが確認できたのでまとめたいと思います。先日の情報は、「「Xperia XZ premium」新色「Rosso」は「Android8.0」を標準搭載するって話。」をご参照下さい。

 



 

どれだけ改善されたか比較!

 

先日の情報では、カメラの有名な評価サイトで、「Xperia XZ premium」のカメラの評価が非常に厳しいものとなっており、カメラを売りとしているXperiaの最新機種としてはかなりの痛手となっています。詳細は「悲しいのかな。すごいのかな。「Xperia XZ premium」のカメラの評価は「Xperia Z3」と同等に。」をご参照下さい。

さて今回Android HD Blogによると、「Android8.0」のアップデートによって搭載された「静止画歪み補正」機能をオンにした状態とオフにした状態での比較画像を公開したのでまとめたいと思います。まず1枚目は「パソコン」のキーボードの写真です。上記の画像は「オフ」の状態です。

 

 

次に「オン」にした状態の画像が上記の画像になります。完全に「歪み」が消えてはいませんが、これなら許容範囲ですよね。

 

 

次に天井の「タイル」を撮影した画像になり、この画像は「オフ」の状態です。特段歪みがひどい写真をサンプルにしている可能性が高いと考えられますが、それにしても「歪み」がひどいですよね。

 

 

次に「オン」にした状態の画像が上記の画像になります。先ほどの写真と同様に、完全に歪みが消えている訳ではありませんが、かなり改善されていることを確認することができます。SONYは今回の「Android8.0」のアップデートに伴い、カメラの歪みに関しても声明を発表しています。ただ原因に関しては触れていません。

そのため「ハード」が原因なのか、「ソフト」が原因なのか判然としない状態になっています。ただ、カメラアプリに「静止画歪み補正」の項目が追加されたことを考えると「ハード」が原因と考えることができますけど何とも言えません。とにかく世界中でクレームが発生した「カメラの歪み」問題は「Android8.0」にアップデートすることで改善されます。

日本においても「12月以降」に配信が開始されるため「12月以降」には歪みが改善された状態での写真を楽しむことができます。あとは個人的には「スローモーション」の光量を早くどうにかしてほしいです。続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。

よければお友達登録して下さい。
友だち追加



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧