「Galaxy S9」のデザインは大きく変更に?指紋認証も搭載する模様。

早くて年末より生産が開始すると予測されている次期「Galaxy S9」ですが、モジュール設計の採用など大きなデザイン変更が施される可能性があると話題になっています。今回、存続が危ぶまれていた指紋認証に関する特許が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy S9」はモジュール機能に対応か!?」をご参照下さい。

 



 

「指紋認証」は存続か?

 

先日の情報では、次期「Galaxy S9」は現行の「インフィニティディスプレイ」を強化し、画面占有率をさらに向上させると予測されており、この情報に伴ったレンダリング画像も公開されています。詳細は「「インフィニティディスプレイ」はさらに進化を?「Galaxy S9」はより洗練されたデザインに?」をご参照下さい。

さて今回Review.geによると、次期「Galaxy S9」には指紋認証機能が搭載される可能性が高いと報告しています。今回の情報によると、SAMSUNGは本体前面側に「指紋認証」を搭載するための特許を申請していたとされています。

 

 

ただこの「指紋認証」が以前より噂されている「ディスプレイ統合型」なのかどうかは判然としない状況になっています。少なくとも「Galaxy S8」や「Galaxy Note8」が「指紋認証」を搭載している「カメラレンズ」の横ではなくなる可能性が高いとされています。「iPhone X」が「顔認証」を搭載したことによって今後のトレンドは「顔認証」になると予測されています。詳細は「「Xperia XZ1 premium」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」は搭載されないかも。時代の流れは「顔認証」に。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy」に関しては、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するとの情報がちょくちょくリークされているため、「iPhone」との差別化を図る意味でも「指紋認証」にこだわっている可能性も考えられます。ただ「ディスプレイ統合型指紋センサー」は原価コストが大幅に向上するとも予測されており、実装するには現時的ではないとの指摘もあります。

「iPhone X」に搭載されている「Face ID」の認証精度は競合他社のそれとは次元が違います。つまり認証精度が高い「Face ID」だからこそ歓迎されるべきであって、中途半端な認証精度であるなら、従来の指紋認証のほうがマシだとも考えることができます。続報に期待しましょう。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧