/>

iPhone8

Appleも分かってたのかな。「iPhone7」の256GBモデルが廃止になったのは「iPhone8」のため。

「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の発売以降、前機種である「iPhone7」と「iPhone7 Plus」の叩き売りが始まっていますが、Appleとしては少なくとも来年までは併売する予定だと考えられます。一方で「iPhone7」シリーズは容量・価格に関して改定されているのですが、これはAppleが「iPhone8」シリーズが売れないことを見越してた可能性が出てきたのでまとめたいと思います。「iPhone8」の最新情報は「史上最悪の売上に?「iPhone8」シリーズの生産台数の抑制を開始か?」をご参照下さい。

 



 

「iPhone8」は売れないことが分かっていた?

 

先日の情報では、「iPhone8」シリーズは、「A11」チップの搭載や「ワイヤレス充電」の対応など、確実な進化も見られる一方で、それ以外に関しては大きな変更がないことから価格が安くなった「iPhone7」シリーズのほうが売れているという状況になっているとされています。詳細は「ナンバリング変更は大きなリスクに。「iPhone8」より「iPhone7」のほうが売れている?」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Appleのホームページにおいて、「iPhone7」シリーズの容量構成は「32GB」・「128GB」・「256GB」の3モデル構成から、現時点では「256GB」が廃止されていることが判明したと報告しています。今回の情報はあくまでも海外、アメリカの公式ホームページにおいての情報になります。

「256GB」を廃止した背景としては、やはり販売不振とされている「iPhone8」の販売を促進するためだと報告しています。iPhoneにとって最大容量である「iPhone X」と「iPhone8」の特徴の一つとして、最新モデルと、既存モデルとの差別化を図ると見られています。日本のホームページにおいては早々に「32GB」と「128GB」の容量構成に変更されましたが、やはり対応は国ごとに違うことが考えられます。

確かに「32GB」だと厳しいですが、個人的には「128GB」あれば十分だと考えられます。なので、多くのユーザーは「256GB」が廃止になったところで、「iPhone7」のほうが安ければ、「iPhone7」のほうを購入してしまうとも考えてしまいます。皮肉なことに「iPhone8」の容量構成に「128GB」がないので尚更です。今後の動向に要注目です。

 



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. また新たな次期「iPhone8」の図面がリーク!また「Touch…
  2. 次期「iPhone8」は3色展開に!?新色「07」の存在は!?
  3. 次期「iPhone8」は「iOS11」でiPadのような「Doc…
  4. 次期「iPhone8」は「3Dセンサー」ではなく「赤外線」を用い…
  5. 今度は「9月」発売との情報が!次期「iPhone8」の初期生産数…
  6. 今後の主流は「有機EL ディスプレイ」に!?2020年には半分の…
  7. 早くも買い控えが発生か!?期待が大きくかかる次期「iPhone8…
  8. iPhone8は新しい3D Touchを搭載化!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP