• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • Appleの従業員なのかな?羨ましい。「iPhone X」が世界中で目撃されている。

Appleの従業員なのかな?羨ましい。「iPhone X」が世界中で目撃されている。

先日の情報では、韓国国内の地下鉄において、「iPhone X」を使っているユーザーの目撃情報が公開されましたが、発売日が近づくにつれて、その目撃情報はどんどん増えてきています。今回はこの目撃情報についてまとめたいと思います。先日の情報は「なんでかな?「iPhone X」を持っているユーザーが街中で発見。あなたの街にももしかしたらいるかも。」をご参照下さい。

 



 

世界中で目撃情報が。

 

まあ当たり前といえば、当たり前なのですが、Appleのティム・クックCEOが先日参加したセッションで、登壇中にポケットから「iPhone X」を落としたことからも、すでにAppleの関係者の一部は「iPhone X」を使用していることが判明しています。先日の情報は「ティム・クックが「iPhone X」を使っている様子が公開に。」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitter上で、世界中で目撃されている「iPhone X」の画像をまとめてtweetしていることが判明しました。まず上記の画像は、中国国内の地下鉄内で撮影された画像とされています。中国なら精巧なニセモノ、もしくはモックアップを持っているだけとも考えてしまいますが、上記の画像では画面がついていることからも少なくともモックアップではないと考えられます。

 

 

次の画像は、サンフランシスコで撮影された画像となっており、公共の場で撮影されたとしていますが、具体的にどのような場所で撮影されたかは判然とすることができません。でもこうやって改めてみると、「iPhone X」の背面のガラスが非常に高級感があっていいですよね。

 

 

そして最後の画像は、フィウミチーノ空港で撮影された画像とされています。本体カラーは「ブラック」ですかね。発売前の機種をAppleの従業員がテストの意味合いも含めて使用していることは想定することができますが、例年以上に、目撃例が報告されています。Appleが宣伝目的であえてやっているのでしょうか?そもそもこれら写真に写っているユーザーは、Appleの従業員なのか、それとも開発関連の人なのか判然としませんが、羨ましい限りです。

日本でも大きく注目を集めている「iPhone X」ですが、初回入荷数に関しては「iPhone7 Plus」のジェットブラックモデルの時よりひどいと言われています。このことからも実際に発売を開始したとしても、街中で普通にユーザーをみかけるようになるのはまだまだ先の話だと考えられます。

 



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧