めちゃくちゃ少ないよね。「iPhone X」の初回出荷数は4万台しかない。

当初の予測以上に順調に販売台数をのばしている「iPhone8」シリーズですが、いよいよ「iPhone X」の予約開始日が近づいてきました。先日には発売直後の在庫状況は絶望的と予測されていましたが、今回また新たな情報が入ったのでまとめたいと思います。当初の予測以上に順調に販売台数をのばしている「iPhone8」シリーズですが、いよいよ「iPhone X」の予約開始日が近づいてきました。先日には発売直後の在庫状況は絶望的と予測されていましたが、今回また新たな情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報「「iPhone X」の初期在庫を入手できる確率は「25%」!?ほぼ無理ゲーに近い争奪戦に。」をご参照下さい。

 



 

初回出荷が開始?

 

先日の情報では、「iPhone X」の在庫状況に関して、発売直後は非常に厳しいものの来年初頭には当初予測されていた以上に在庫が改善するのは早いとみられています。詳細は「今年中をとにかく我慢すればいいかも。来年初頭には「iPhone X」の在庫状況は安定するかも。」をご参照下さい。さて今回DIGITIMESによると、発売に備えて一部国向けの初期在庫の出荷を開始したと報告しています。

今回の情報によると、今回判明した出荷先は「オランダ」や「アラブ首長国連邦」向けとなっており、その出荷台数は僅か「4万6500台」となっているとしています。今まで発売されてきた「iPhone」の初回在庫の割り当てが国ごとでどれくらいあったのか正式に好評されていないため判然としませんが、ここ最近の「iPhone」は発売開始の週末で約1000万台程度販売しています。

今回の場合、「iPhone8」が先行発売しているため、またちょっと比較しにくいのですが、仮に「iPhone X」の買い控えのユーザーが全体の50%と仮定したとしても、全世界での初回在庫は「500万台」程度用意しなければいけないことになります。このことからも、「iPhone X」の初回在庫はかなり少ないと考えることができます。日本にどの程度の割り当てがあるかどうか判然としませんが、一言でいえばまさに「絶望的」

単純の今回の情報だけを見ると、本当に来年初頭には在庫状況が安定するのかどうかも疑問に思ってしまいます。少なくともこの時期に発売するということは年末商戦を意識していると思われますが、Appleは例年以上に、商機を逃すことになりそうです。

 



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧