奇抜な形状。「Galaxy X」はMWC2018に発表で、発売は韓国限定に?

以前より噂がされていた「折りたたみ式」の形状をしているされている「Galaxy X」ですが、先日の情報では、その存在のみが確認されました。今回、「Galaxy X」に関する発表時期と発売地域に関する最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「どのようなメリットがあるのかな?世界初折りたたみ式スマートフォン「Galaxy X」は2018年に登場。」をご参照下さい。

 



 

「Galaxy Note」シリーズとして発売する可能性も!?

 

さて今回GizmoChinaによると、その存在だけが韓国国立放送局の認証から確認されている「Galaxy X」が韓国だけの地域限定発売になる可能性があると報告しています。今回の情報によれば、具体的な原因は判然としませんが、技術的な問題を抱えており生産数はかなり限定されるとしています。

このことからも、まずは2018年に韓国で試験的に発売を開始し、2019年にグローバル展開をしていくとしています。ただ気になるのが、この技術的問題をクリアできた場合、「折りたたみ式」の「Galaxy Note9」として発売する可能性があるとも報告しています。発表時期に関しては来年の1月9日〜12日に開催が予定されている「the Consumer Electronics Show (CES)」では発表されないと予測しています。

なぜなら、SAMSUNGは、2月26日から3月1日にかけて開催される「Mobile World Congress (MWC)において「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を発表する可能性があり、先に発表することによって直接競合することを避けてくるだろうとしています。このことからもMWC2018もしくは、8月31日から9月5日まで開催が予定されているIFAの間に発表される可能性があるとしつつも、「Galay S9」シリーズと同時に発表される可能性は捨てきれないとしています。

何より、生産台数がそもそも少ないとされていることからも、仮に同時発売をしたところで、そこまで影響を受ける可能性は低いと考えられます。ここ最近ではあまり話題になりませんが、フレキシブルディスプレイの利点を最大限生かしてるのが折りたたみ式とも言えます。ただ折りたたみ式にするメリットはそこまで感じることはないと考えられます。SAMSUNGが発表することで他のメーカーが追従するかどうかも気になりますが、まずは続報に期待しましょう。

 



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧