• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • ベンチマークだけじゃない。Appleは「TrueDepthカメラ」でAndroidより2年先の未来をいく。

ベンチマークだけじゃない。Appleは「TrueDepthカメラ」でAndroidより2年先の未来をいく。

先日の情報では、「iPhone X」は2色展開になる可能性が高いとされている中、モックアップで多々画像がリークしている「ブラッシュゴールド」の存在が中国の認証機関から確認されたとしています。今回「iPhone X」に搭載されている技術は、「Android」を大きく引き離し2年先の未来をいくとされているのでまとめたいと思います。先日の情報は「やはり「iPhone X」に「ゴールドモデル」が追加される!?RAMと電池容量が判明に。」を御参照下さい。

 

スポンサードリンク




 

TrueDepthカメラは2年先の未来に。

 

先日の情報では、発表イベントでは発表されなかった「iPhone X」の仕様が判明しており、早くもベンチマークもリークしています。一方で「Android」にとって最新プラットフォームとなる「snapdragon845」のベンチマークがリークし、その結果「A9」チップ以上「A10」チップ以下の性能になる可能性が高く、少なくとも「iPhone X」は「Android」より2年以上先のスペックを搭載していると考えられます。詳細は「次期「Xperia」が「iPhone8」に処理性能で勝る可能性はないかも。「snapdragon845」のベンチマークがリーク。」を御参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が「iPhone X」に搭載されている「 TrueDepth Camera」はかなりの高性能の仕様になっており、「Android」が同じ技術を再現するには早くてもあと「2年」はかかると報告していることが判明したとしています。SAMSUNGの「Galaxy S8」シリーズにも「顔認証」が搭載されていますが、「写真」などでロックを解除できることからも「2D」仕様となっており、「iPhone X」のそれと次元が違く、いかに「iPhone X」に搭載されている「 TrueDepth Camera」技術がすごいかを物語っています。

ただこの「 TrueDepth Camera」が原因で、供給体制が非常に不安定だとされており、今年出荷できる「iPhone X」の台数は制約されるとしています。しかしながら、2018年になれば次第に出荷台数は順調に推移すると言われており、「 TrueDepth Camera」の製造状態が安定するとも言えます。少なくとも今後2年リードできる技術である「 TrueDepth Camera」をAndroidが2年後に搭載する時は、今度は何か違う技術に鞍替えしてそうですよね。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧