次期「iPhone9」用「A12」チップの開発をすでに開始か!?

すでに発売を開始している「iPhone8」と「iPhone8 Plus」、そして「iPhone X」に搭載されている「A11」チップはスマートフォン史上最高のベンチマークを記録していることを判明しています。今回この「A11」チップの次世代モデルである「A12」チップの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone X」は10年先を見据えたデザインに。逆に言えば10年デザインは変更されない?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

早くも開発とテストを開始か!?

 

「ベンチマーク」、そして「カメラ」において過去最高評価を獲得している「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は、「iPhone X」の発売を控えていることもあり買い控えが発生しているとされています。詳細は「市場シェアにも影響!?「iPhone X」への買い控えが発生で「iPhone8」はあまり人気がない模様。」をご参照下さい。さて今回Nikkei Asian Reviewによると、Appleは次期「A12」チップの開発とテストをTSMCに依頼していることが判明したと報告しています。

今回の情報が正しければ、「A12」チップにおいてもTSMCの独占供給になる可能性が高いと考えられます。具体的なスペックに関しては何も明らかにされていませんが、少なくとも「A12」チップは「7nm」プロセスルールを採用する可能性が高いと予測されています。このことからも、より消費電力効率が改善されることが期待されます。現行の「A11」チップは「10nm」プロセスルールを採用していますが、恐るべき性能を発揮しており、「A12」チップではどこまでスペックが向上するのか非常に気になります。

少し前までは、「iPhone」のスペックはどちらかと言えば「控えめ」で、Androidが「高性能」というイメージでしたが、もはや逆転しています。今回の情報では「A12」チップのことにしか触れていませんが、仮に来年の3月に「iPad」がアップデートされるのであれば「A11X」チップの登場にも期待したいところです。現時点で「Android」の「snapdragon835」と2倍近くの差が生まれている中で、今後、この差はうまるのか、それともより広がるのか今後の動向に注目です。

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧