• HOME
  • ブログ
  • iPhone , Xperia
  • 次期「iPhone」も?次期「Xperia」も?ジャパンディスプレイのディスプレイを採用する可能性がある。

次期「iPhone」も?次期「Xperia」も?ジャパンディスプレイのディスプレイを採用する可能性がある。

先日の情報では、来年登場する次期「iPhone9」シリーズは、「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されており、サプライヤーは「SAMSUNG」になると予測されていました。一方で今回Appleは「ジャパンディスプレイ」の「ディスプレイ」を採用する可能性がでてきたのでまとめたいと思います。先日の情報は、2018年に登場する「iPhone9」シリーズも3モデル展開に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「ジャパンディスプレイ」のディスプレイを採用か!?

 

先日の情報では、次期「iPhone9」は「iPhone X」と同じデザインを採用すると予測されており、完全にベゼルレスデザインになる可能性があるとされています。詳細は「やはり次期「iPhone9」は6インチ越えのファブレットに!さらに3モデル展開に!?」をご参照下さい。さて今回GizmoChinaによると、2018年に登場する次期「iPhone9」シリーズは「ジャパンディスプレイ」の「フルアクティブディスプレイ」を採用する可能性があると報告しています。

今回の情報によると、Appleは今年の6月に発表された「アクティブLCDパネル」に非常に強い関心を示しているとしています。何よりこのディスプレイに採用されている「アクティブディスプレイ技術」はより低価格で提供することが可能になるとされており、Appleとしては、「iPhone」の構成パーツの中で最も高い「ディスプレイ」の原価コストを削減することが可能になり、より利益を確保できるようになるとしています。

何より、「有機ELディスプレイ」を大量生産できるサプライヤーがSAMSUNGしかいなく、「iPhone8」シリーズに搭載されている「ディスプレイ」より「iPhone X」に搭載されている「ディスプレイ」の原価コストは約3倍程度に膨らんでいるとしています。ただそのSAMSUNGすらまとまに生産できていない状態とされています。

先日発表された「アクティブディスプレイ」は「6.0インチ」で「2,160 X 1,080」の表示解像度、そしてアスペクト比「18:9」で、ベゼルは5mmで均一化されている仕様になっています。このディスプレイは「Mi MIX2」にも採用されており、「Android」がメインで採用していくと考えられていましたが、今回の情報通りになれば「iPhone」も採用することになります。

ジャパンディスプレイは日本企業の合同出資会社です。よくも悪くも今後は「iPhone」の莫大な需要により、より活気づくとも考えることができます。ぜひとも日本企業には頑張ってほしいところです。

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧