• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 次期「iPhone」に「Touch ID」の復活の可能性は?そして「A」チップがMacに搭載の可能性も。

次期「iPhone」に「Touch ID」の復活の可能性は?そして「A」チップがMacに搭載の可能性も。

先日の情報で、次期「iPhone9」は「iPhone X」と同様のベゼルレスデザインを採用するとされており、その結果「ファブレット」サイズになる可能性があると予測されています。今回、「Face ID」の搭載によって廃止された「Touch ID」に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「やはり次期「iPhone9」は6インチ越えのファブレットに!さらに3モデル展開に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク




 

「Touch ID」の復活の可能性は!?

 

次期「iPhone9」ではより複雑な内部構造になり、特にバッテリーが「L」の形状になるとされており、内部スペースの有効活用に加え、バッテリー容量もより大型化する可能性があると予測されています。詳細は「2018年に発表の次期「iPhone9」には「L字型」のバッテリーを採用か!?」をご参照下さい。さて今回Nikkei Asian Reviewによると、Appleは、ARMアーキテクチャを独自開発し、次期「MacBook」シリーズに搭載する可能性があると報告しています。

今回の情報によると、Appleが独自チップの開発をする最大の理由として「Intel」への依存を減らすためだとしています。また独自開発することによって「ディスプレイ」と「Touch ID」、そしてタッチパネルを統合するのにも都合がいいとしています。このことからもAppleは「MacBook」シリーズの「ディスプレイ」に「Touch ID」を統合する可能性があると考えられます。

一方で「タッチパネル」に関しては、Appleの発言により「MacBook」シリーズに搭載する予定はないとされていることからも、あくまで「Touch ID」のみの搭載になると考えられます。ただこのことを考えると、「MacBook」シリーズの「ディスプレイ」にTouch IDを統合しようと考えていることからも、一部情報であるように次期「iPhone」で「Touch ID」が復活する可能性が考えられます。

「iPhone X」に関しては「Face ID」を大々的にアピールしていますが、技術的な問題で「Touch ID」を搭載できなかったことをごまかしているだけとも言われています。iPhone」に搭載されている「A」チップの進化は目まぐるしいものがありますが、これは「MacBook」に搭載するための実験的な意味合いもあると考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧