• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • なんでかな?「iPhone X」を持っているユーザーが街中で発見。あなたの街にももしかしたらいるかも。

なんでかな?「iPhone X」を持っているユーザーが街中で発見。あなたの街にももしかしたらいるかも。

先日の情報では、「iPhone X」に対する需要は「5000万台」に対して、初期在庫は「1200万台」程度になるとされており、発売直後から極度の品薄になると予測されています。発売まで後1ヶ月になりましたが、一方で「iPhone X」を街中で使用しているユーザーが見つかったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone X」の初期在庫を入手できる確率は「25%」!?ほぼ無理ゲーに近い争奪戦に。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

街中で使用しているユーザーが発見?

 

モックアップで多々リークしていた「ブラッシュゴールド」モデルですが、中国の認証機関に「iPhone X」のカラーラインナップに「金」が記載されていることが確認されていることから、のちに「ゴールド」モデルが追加される可能性があるとされています。詳細は「やはり「iPhone X」に「ゴールドモデル」が追加される!?RAMと電池容量が判明に。」をご参照下さい。

さて今回BGRによると、韓国の地下鉄内で「iPhone X」を使用している目撃情報があったと報告しています。今回の情報によると9月28日に、夜地下鉄に乗った時に、「iPhone X」を使用している人がいたとしており、目撃した人物によると、「ディスプレイ」が非常に綺麗だったとしています。また、「iPhone X」を使用していた人物は、「カレンダー」アプリを起動して、スケジュールを登録していたとしています。

発売まであと1ヶ月ありますが、一部の開発関係者や、メディア関係者、そしてキャリアの関係者には実機が渡っていてもおかしくありません。BGRは、この人物が使用していた「iPhone X」は精巧に作られたクローンである可能性を否定しています。なぜなら「iPhone X」と同等の外観を再現することは可能だとしても、「iOS」をクローンとして作ることは非常に難しいだろうとしているからです。

過去に出回った「iPhone」のクローンも、見た目はかなり精巧ですが、中身が決まって「Android」だったので、使えば一目でわかるという残念な仕様になっていました。このことからも今回目撃された「iPhone X」は本物の可能性が高いと考えられますが、こんなに人目に付く場所で堂々と使っているのもちょっとありえないと考えることもできます。何より約1ヶ月後には実際に街中で使っているユーザーが散見されるようになると考えられます。まずは予約を頑張りましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧