このデザインを待ってました!2018年を彩る新型Xperiaのレンダリング画像が公開に。

先日の情報では、SONYの関係者が現在採用にしているオムニバランスは「X」シリーズのためにあるものとしており、来年発表する新型Xperiaには新しいデザインを採用すると公言しています。今回次期Xperiaのレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「待望の「ベゼルレスデザイン」の採用が確定に!2018年の新型Xperiaはプレミアムモデルに注力か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなレンダリング画像が公開に。

 

先日の情報では、来年初頭にはプレミアムモデルを含めた6モデルが発表される可能性があるとされており、そのうちのメインになるプレミアムモデルのベンチマークがリークしています。詳細は「欲しくてたまらない。「Xperia XZ1 premium」は最強のファブレットへ!?ベンチマークがリークか!?」をご参照下さい。さて今回Review.geによると、来年発表が予定されている新型Xperiaのレンダリング画像を公開していることが判明しました。

今回公開されたレンダリング画像は、同サイトが最大の精度をもって作成されたレンダリング画像だとしています。まず上記の画像を確認するとは、本体の厚みが「Xperia XZ premium」よりだいぶ薄型化されており、どちらかといえば「Xperia XZ1」に近いデザインになっています。従来の「電源ボタン」を確認することもできます。

先日の情報では、電源ボタンに「指紋認証」機能を統合するために「ベゼル」は必要不可欠だっとされています。詳細は「「Xperia XZ1」にベゼルが必要だった理由が判明。でも待てよ。「Xperia XZ1 premium」も太いベゼルの可能性が!?」をご参照下さい。このことからも、今回のレンダリング画像では「ベゼル」を確認することができないことから「指紋認証」は統合されていないと考えることができます。

 

 

次に背面を捉えた画像になりますが、先ほどの画像と同じく「電源ボタン」を確認することができます。ちょっと厳密には判然としませんが、本体の両サイドに「電源ボタン」のようなデザインをしたボタンがあることになります。ただ従来の位置で考えれば、2枚目の画像にある位置、本体右側に「電源ボタン」があるため、左側、つまり1枚目の画像にあるボタンがどのような効果をもたらすのか判然としません。

さて、事前情報通り「デュアルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。今までの周期で考えれば、2018年にはXperia用の新型カメラセンサーが登場すると言われています。「Xperia XZ premium」のカメラの評価は非常に悪く、カメラを売りにしている端末だからこそ、来年はしっかり頑張って欲しいところです。詳細は「悲しいのかな。すごいのかな。「Xperia XZ premium」のカメラの評価は「Xperia Z3」と同等に。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

 

 

そして最後に全体図が一目で分かるレンダリング画像です。個人的にはめちゃくちゃかっこいいですよね。「Galaxy S8」や「iPhone X」などと比較して完全にベゼルレスデザインになっています。逆に言えば、「虹彩認証」や「顔認証」は搭載されていない可能性が高いと考えることができます。また「Xperia XZ1」で力を入れたというステレオスピーカーも本体下部に確認することができます。

このレンダリング画像が実際に製品化されれば、「Xperia XZ premium」以上の人気が出ることは間違いないと考えれます。新デザインを採用するとしながらも、Xperiaの雰囲気を残した最高のデザインです。続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年に登場する次期Xperiaのデュアルカメラの詳細が判明に!?…

  2. Xperia販売不振か!?SONY苦境に立たされる!

  3. 欲しくてたまらない。「Xperia XZ1 premium」は最強のフ…

  4. SONY「Xperia Touch」の発売日が確定!私たちの生活に未来…

  5. 次期「Xperia」でようやく「手ぶれ補正」(OIS)を搭載に?

  6. 次期「Xperia」が「iPhone8」に処理性能で勝る可能性はないか…

  7. Xperia Z ultraの後継機は!?(追記あり)

  8. 新型Xperia「Xperia L1」の価格が判明!日本発売は!?

コメント

    • HAL
    • 2017年 10月 15日

    >>「次に背面を捉えた画像になりますが、先ほどの画像と同じく「電源ボタン」を確認することができます。ちょっと厳密には判然としませんが、本体の両サイドに「電源ボタン」のようなデザインをしたボタンがあることになります。」

    とありますが、裏表が一緒に写っている全体図を元にカメラ位置やディスプレイ画面のイラスト柄(グラデーションになっているほうが上部、真っ青なほうが下部)を参考にしますと、横からの表側の図では本体上部が左側に来ていますが、裏側の図では本体上部は右側になっているものと思われます。

    さらに、全体図では電源ボタンの上下に突起のようものがありますが、その長さが電源ボタンの上下で違います。
    電源ボタンのない側にはそのような突起も見あたりません。それらを参考にしながら横からの表側の図と裏側の図を見ると、電源ボタンの上下の突起の長さの違いを踏まえてみても、同じことが考えられます。

    つまり、横からの図では電源ボタンのない側は描かれていないことになります。
    自分の見た限りでは電源ボタンらしきものは片側にしかないものと思われるのですが、いかがでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA