• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ1 compact
  • SONYの技術を結集したのは「Xperia XZ1」ではなく、「Xperia XZ1 compact」なのでは?濃密なレビューが公開に。

SONYの技術を結集したのは「Xperia XZ1」ではなく、「Xperia XZ1 compact」なのでは?濃密なレビューが公開に。

先日より発売を開始した「Xperia XZ1 compact」は、どうしても「Xperia XZ1」の影に隠れた存在となっていますが、「Xperia XZ1」と遜色ないハイエンドかつコンパクトモデルとなっています。今回濃密なレビュー記事が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「結構人気なのでは!?「Xperia XZ1 compact」が発売開始!ただ在庫は不安定かも。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

まさに小さな巨人!

 

さて今回GSM Arenaによって「Xperia XZ1 compact」のレビュー記事が公開されたので簡単に紹介したいと思います。いまやコンパクトモデルは非常に貴重な存在となっており、今回発売開始をした「Xperia XZ1 compact」モデルもその貴重な存在の一つとなっています。多くのスマートフォンメーカーがある中、コンパクトモデルをださない理由は大きく2つあると考えられます。

一つ目は、「需要が少ない」からだと考えられます。年々Androidスマートフォンを筆頭に、ディスプレイサイズは大型化しており、これはユーザーが大型ディスプレイを求めていることを反映していることになります。日本人の感覚からすると、西洋人や欧米人に比べて手が小さいこともあり、片手で持てるコンパクトモデルが好まれますが、世界全体でみると、少数派の意見にすぎないことになります。

そして2つ目は、「ハイエンドコンパクト」モデルを開発することが難しいことだと考えられます。極端な言い方をすれば、筺体が大きくなればなるほど、ハイスペックな仕様にするのは簡単になります。一方で筺体を小さくすればするほど、容量に制約がでるため、様々な技術を搭載するのが困難になります。同時に発表された「Xperia XZ1」と比較すると、「Xperia XZ1 compact」のスペックはちょっと物足りなさを感じるのは否めません。

しかしながら、SONYは自社が持てる技術を結集して、その小さな筺体にハイスペックな機能をおさめています。大きくですが、この2つが数あるメーカーの中からコンパクトモデルの新型がでてこない要因だと考えられます。現に今回の記事においても、「よくぞやった」と言わんばかりに「Xperia XZ1 compact」を賞賛しています。

「Xperia XZ1 compact」は「ガラスファイバー」の強化プラスチックを採用しており、衝撃にも強く傷もつきにくいとしています。「Xperia XZ1」にはアルミが採用されており、全体の印象としては、「Xperia XZ1」のほうが優れていると思えますが、余計な「アンテナライン」などがないことからも「Xperia XZ1 compact」のデザインが優れているとしています。

またワンポイントで、上下の部分が「金属」が採用されていることが、全体の質感を向上する手助けになっていると考えられます。そしてその大きさに加え、直線的なフレームに「マット仕上げ」が非常に持ちやすく、操作性は非常に快適だとしています。

 

ディスプレイは欠点でもありメリットでもある

 

スペックオタクからすると、いつになっても「HD」となっており、「FHD」にはいつになったら対応するのだという気分になります。しかしながら、そのIPS液晶を採用しているため視野角が広く、表示解像度で見ても「319ppi」をとなっており、Appleでいう「Retinaディスプレイ」の基準を満たしていることになり、高精細な液晶を搭載していることに間違いありません。

またSONY独自の技術である「TRILUMINOS」や「 X-Reality」などが搭載されているため、ユーザーの実体験としては、ディスプレイに不満を感じることはあまりないとしつつも、600nits、かなり明るめのディスプレイに対応しており、外など日光があたるような場所においては、むしろ他の機種と比較してもかなり見やすいとしており、かなり高評価だとしています。

バッテリーに関しては、SIMフリーモデルは充電ケーブルとコンセントが付属していますが、国内版に関しては従来の流れから判断すると今回も付属しないと考えられます。そのほか電池持ちに関しては「安いだけじゃない!電池持ちも最高!「Xperia XZ1 compact」はXperia史上最高の電池持ちに!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

パフォーマンスは伊達じゃない。

 

RAMが「4GB」に「snapdragon835」を搭載しているため、他のハイエンドモデルと遜色ない仕様になっています。従来において「コンパクトモデル」がRAMが制限されていることが多かったのに対して、「Xperia XZ1 compact」は「Xperia XZ1」と同様の「4GB」というのは非常に嬉しい点です。ベンチマーク上のスコアを実際に使った使用感は異なり、ベンチマーク上では、「Xperia XZ1」や「Galaxy S8」より劣っている結果になっています。

しかしながら実際の使用感に関しては、「Galaxy S8」や「LG V30」など、名だたるハインエンドモデルが操作中に僅かなひっかかりを感じることがあるのに対して、「Xperia XZ1 compact」はひっかかりがなく非常になめらかだとしています。

 

最後に

 

とりあえず、一部をまとめてみましたが、現時点でもかなり高評価であることを伺えます。何より、他のデバイスも共通しますがカタログスペックと実際の使用感は異なるということです。ただ「Xperia XZ1 compact」に関しては、実際の使用感がカタログスペックを大きく上回ることになることです。すでにSIMフリーモデルが発売されています。気になる方はチェックして見て下さい。詳細は「結構人気なのでは!?「Xperia XZ1 compact」が発売開始!ただ在庫は不安定かも。」をご参照下さい。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧